パソコンで作業する人

ダブルワークしている人は睡眠時間だけは確保した方が良い話

どうも、きゃわ@icosoyamaです。私は現在フリーターで、2つのバイトを掛け持ちしています。いわゆるダブルワークなのですが、早朝と深夜に働いているので結構睡眠時間の確保が難しいんですよね。

私はダブルワークをしていますが、そこまでがっつりと働いてはいないのです。朝2時間夜2時間を週5くらいで行っているのですが、意識して睡眠をとらないと、睡眠時間が1日4時間とかになってしまうんですよね。

ダブルワークをしている人って、本業が休みの日にやっている人もいれば、昼間も働いて夜も働いている人もいると思います。

睡眠時間を削った結果体調を崩してしまうと、勤務先に迷惑が掛かるだけでなく、自分の毎月の給料も減ってしまいますので、睡眠時間を意識して確保した方が良いのです。

とにかく体を休めることが大切です

寝ている女性

睡眠って無理すれば我慢できるものなので、生活の中でついつい優先順位が低くなってしまうんですよね。

特にダブルワークをしていると、自分の時間が少なくなりがちなので、ついつい睡眠時間を削って自分の好きなことに時間を使ってしまうんですよね。

翌日が休みであれば多少無理をしても良いかもですが、翌日も普通に仕事があるのに睡眠時間を無理して削るのはあまり良い方法とは言えないと思うのです。

ダブルワークをする目的は人それぞれですが、極力他人に迷惑を掛けないようにすべきです

ダブルワークをしている人が体調を崩すと、2つの勤務先に迷惑が掛かるんですよね。

どれだけ注意して過ごしていも体調を崩すことは誰にでもあるのですが、なんというか、体調不良で会社を休むのって罪悪感みたいなものがありませんかね。

勤務先が1つでも結構罪悪感を感じるものですが、複数の勤務先に迷惑を掛けると罪悪感を感じすぎて精神的にあまり良くない状態だと思うのです。

ダブルワークをしている人って、とにかくお金を稼ぎたいとか、色々なスキルを習得したいとか、色々な理由があると思います。

ただそれはダブルワークをしている人の働く目的であって、職場の他の人たちには何も関係のないことなんですよね。ですので、職場の同僚とかにダブルワークをしているから疲れているみたいな態度などは、意識してしないようにすべきなのです。

頑張るのは良いのですが、他人に不快な思いや迷惑を掛けないようにしましょう。

ダブルワークをしても良いが、働きすぎるのは絶対にやめた方が良い理由

私の場合ダブルワークといっても、どれだけ働いても1日4時間以上の労働にはなりません。

ダブルワークをする人って、おそらくお金が欲しいのだと思いますが、だからといって無理して働きすぎるのはNGですね。

当然体を壊してしまってはそもそも働けなくなってしまいますし、短期的にはハードワークでお金を稼げるかもしれませんが、長期的には体を壊すリスクを考えるとおそらくかなりマイナスになるはずです。

個人的に働きすぎない判断基準としては、労働時間というよりは、自分の時間を確保できるかどうかで判断した方が良いと思います。

仕事をしている時って、当たり前ですが自分の時間ではないので自由に自分のしたいことをするのは無理です。ハードなダブルワークをしている場合、自分の時間を作れずに病む可能性がめちゃくちゃ高いです。

上記には一応根拠としているものがありまして、「新卒で適応障害になり退職して転職できた話【無理をしない】」の記事でも書いたのですが、私は新卒の頃、月に80時間以上残業をして精神的に病んだことがあるのです。今思うと精神的に病んだ原因は、自分の時間を十分に確保できなかったからだと思うのです。

ダブルワークは体を休ませづらい環境にあります

雑務をこなすイラスト

ダブルワークをしていると、ずっと仕事のことを考えがちになってしまうんですよね。

複数の勤務先で働くということは、その分やることは2倍以上です。当然会社では仕事だけでなく、人間関係なども構築しなければいけないので、精神的負担が結構掛かるんですよ。

仕事の掛け持ちは1日が終わるまで気の休まる時間がないです

仕事を複数掛け持ちしていると、一つの仕事が終わっても、その後に別の仕事がある場合、あまり仕事が終わったという達成感がないんですよね。なんというか、全ての仕事が終わるまでは気を抜ける時間がないんですよ。

仕事が全て終わるまでは1日気を張っていなくてはならないので、結構大変なのです。

無理するなとは言わないが、頑張りすぎないのが良いです

私はダブルワークをしていますが、1日最大でも4時間くらいしか働いていません。

がっつりダブルワークしている人ですと、日中普通に働いて夜も働くというパターンもあるのだと思うのですが、無理だけはしない方が良いです。

ダブルワークをする目的が何であれ、自分の体を壊すことが目的ではないはずです。

自分の体と相談しつつ、1つの仕事に拘りすぎないのが、ダブルワークを続けていくコツだと思います。

パソコンで作業する人
最新情報をチェックしよう!