楽しむ男性のイラスト

第二新卒でフリーターが最高だと思う理由

どうも、きゃわ@icosoyamaです。

私は第二新卒という訳ではないのですが、新卒で入った会社を1年半くらいで辞めてその後半年くらいニートをしていた経験があります。

新卒で入った会社がどうしても自分に合わず、今思えばもっと早くに辞めれば良かったのですが、当時は早めに辞めると次に就職する時に印象が悪いと思っていたんですよね。

ですが私は現在28歳で転職も2回していますが、仕事を早く辞めようが理由さえしっかりしていれば特に問題はないということです。

新卒で入った会社が自分に合うとは限らないです

無数の手のイラスト

そもそも会社なんて入ってみるまで分からないんですよ。

例えば会社が嫌になったり合わなかったりする理由としては以下のようなものが挙げられますね。

  • 仕事が合わない
  • 労働環境が劣悪
  • 給料に不満がある
  • 職場の人間関係が合わない

上記に全てが整っている会社を探すのはおそらく無理です。

何かしら我慢しなければならないこともあるとは思うのですが、それが我慢できる範囲かどうかが重要です。

例えば仕事はつまらないけど職場の人とは気が合うので割と楽しくやれている。給料はそこそこもらえているし残業も少ないので労働環境には不満はない。

上記のような場合はおそらく我慢できる範囲だと思うのです。

ですが例えば仕事はつまらないし残業も多い、そして給料は手取りで20万以下とかですと、いくら職場の人間関係が良好でもおそらく長続きしないと思います。

人によって会社で何を優先するかは異なりますが、優先することと我慢できることのバランスが悪くなると自分には合わない会社ということになるのだと思います。

新卒で自分に合う会社に入れたら相当ラッキーです

正直私なんかは人とのコミュニケーションは苦手だし仕事もできないので、おそらく私に合うような会社はほとんどないと思うのです。

会社を選ぶ時にはなるべく自分へのストレスが低いものを仕事にすべきだと思うのですが、新卒入社で会社を比較するのはめちゃくちゃ難易度が高いですよね。

就活生たちは数少ない情報から会社を選ぶ訳ですが、あまりにも高望みしたような仕事は選ばない方が良いと思います。相当その仕事に強い思い入れがあれば別ですが、自分のスペック以上の仕事を選んでもおそらく長続きしないです。

当然ですが楽そうな仕事は実際楽ですし、きつそうな仕事は実際きついです。仕事をする前は自分は大丈夫と思ってしまいがちですが、実際仕事をしてみるときつい仕事はメンタルがやられそうになりますよ。

ちなみに私は自分に合わない仕事をずっと続けていたせいでメンタルブレイクしたことがあります。その時の記事は「新卒で適応障害になり退職して転職できた話」になります。

逆にもし新卒入社で自分に合う会社には入れたらめちゃくちゃラッキーです。

入社した会社が合わなかったらとりあえず行動してみたら良いです

ほとんどの人は何かしら会社に不満というか、「本当にこのままこの会社にいていいんだろうか」みたいな悩みを持つと思います。

上記の悩みは誰しも持つ悩みなのでそこまで深く考えなくても良いのですが、どうしても今の会社が自分に合わないと感じるのであればとりあえず行動すると良いです。

社歴が長い人ほど会社の悪口をたくさん言う割に自分では全く行動していない人が多いのです。

逆に環境の変え方を知っている人はいつの間にか会社から姿を消しているんですよね。環境を変えたいのであれば自分から動かないとダメです。会社の不満をただ言っているだけでは自分を救ってはくれません。自分を救えるのは他でもない自分自身なのです。

具体的な行動の仕方はシンプルでして単純に仕事を変えれば良いと思います。

一番簡単なのは転職ですね。第二新卒くらいの年齢であればぶっちゃけ正社員でなくてもいいですよね。

派遣だろうがアルバイトだろうが、とりあえず自分がやりたいと思うことを仕事にしたら良いと思います。

確かにある程度年齢が上がっていくと正社員になるのは厳しいですが、別に正社員になることがゴールではないですし、正社員よりもっと良い道を見つけられるかもしれません。

20代でフリーターなら割と余裕です

セグウェイに乗るイラスト

20代でフリーターなんてぶっちゃけ職歴に傷なんてつかないと思いますよ。

フリーターでいる理由が明確であれば全く問題ないと思うのです。もちろん会社が嫌で辞めたのは事実かもしれませんが、嫌なところに無理して居続ける理由もないのです。

20代のうちに色々経験値を積んでおくと後々役に立ちます

私は20代でエンジニア、事務職、警備員の仕事をしてきたのですが、各々の仕事で結構学ぶことが多く割と色々なところで仕事の経験が生きています。

例えばエンジニア時代のスキルはこのブログの運営にも活かせますし、警備員時代は不審者などの対応もしていたのでめちゃくちゃ度胸がついて物怖じしなくなりましたね。

警備員は3年くらい続けていたのですが、同じ仕事をずっとやっているとマンネリ化してくるんですよね。それが楽しい仕事であれば良いのですが、私にとって警備員は別に楽しい仕事ではなかったので2年目くらいから単純に仕事が暇で仕方がなかったのです。

私が色々な仕事を経験して分かった重要なことは、楽しいことは続けられて、嫌でないことは続けられるけどそのうち飽きてくる。そして嫌な仕事は絶対に続けられないということです。

楽しむ男性のイラスト
最新情報をチェックしよう!