疲れている男性

歌下手はなぜ歌下手なのかを解説します

  • 2021年4月5日
  • 2021年5月31日
  • 14view
疲れている男性

どうも、きゃわ@icosoyamaです。

私は、歌のトレーニングを独学で10年以上続けています。YouTubeにもいくつか投稿しています。

私が歌のトレーニングを始めた頃は、結構下手でした。

それでも周りから歌が上手いと言われるくらいになることはできました。

歌が下手だった私が、歌下手について解説していきたいと思います。

歌が下手なのは歌い方を知らないからです

重要な知らせ

個人的に、歌が下手な一番の理由は歌い方を知らないからだと思っています。

プロの歌い方にも色々ありますが、聴いていて不自然な歌い方をしているプロはいないはずです。

なぜかというと、プロは聴き手に自然に聴かせられるような歌い方をしているからです。

歌い方が自己流の人ほど下手に聴こえます

今この記事を見に来ている方達は、歌い方が自己流じゃないですかね?

野球にも様々なバッティングフォームがあるように、歌い方にも様々な型が存在します。

例えば、ちゃんとした指導を受けた人のバッティングフォームと自己流のバッティングフォームでは、前者の方が試合で良い成績を残せる確率が高いはずです。

歌も同じでして、ちゃんとした歌い方と自己流の歌い方では聴衆は前者の方が歌が上手いと感じる訳です。

「ちゃんとした歌い方なんてボイトレとかスクールに通わないと無理じゃね?」と思う方もいるかもですが、個人的には、独学でもちゃんとした歌い方を身につけるのは可能だと思っています。

上記については、次で説明していきますね。

歌うまになりたいのなら歌が上手い人に学ぶべきです

劇場で歌う人

歌が上手い人は歌い方がちゃんとしているのですから、歌が上手い人から学べば良いのです。

別に歌が上手い人に直接指導してもらわずとも一番簡単な方法があります。

それが、物真似です。

【極論】歌が上手い人の真似をすればそれなりのレベルになります

私は、歌の上達にはボイトレだと思い込んでひたすらボイトレをしていた時期がありました。

ですが、なかなか上手くならなかったんですよね。

そんな時に、物真似をすると良いという情報をネットで見つけて半信半疑で試してみました。

それまでどれだけボイトレを頑張っても下手くそだった私が、3ヶ月くらいで、録音した自分の歌を聴いてもそこまで恥ずかしくない歌になったんですよね。

当時の私には衝撃的な出来事でして、それ以来歌の練習には物真似を取り入れるようにしています。

下記に物真似に関する記事を置いておきますので、一度騙されたと思って試してみて下さい。

疲れている男性
最新情報をチェックしよう!