座り込む人

会社が怖いと感じるなら環境を変えた方が良い理由

どうも、きゃわ@icosoyamaです。

私は現在社会人6年目ですが、新卒で入った会社は怖くていつもびくびくしながら仕事をしていました。

その後2回程転職しているのですが、怖くて仕事が出来なくなるという事はなくなりました。

もし過去の自分と同じような状況の人がいるなら、参考になると思います。

会社が怖いという思考は異常です

人型の切り抜き

まず怖いという感情は恐れからくるものです。そして会社が怖いという思考は、会社を恐れているという事です。

冷静に考えてみて欲しいのですが、毎日通勤する場所が怖かったら普通病んでしまいます。

第一にやるべき事は、自分の今ある状況が異常だと認識することです。

怖いと思う原因を探すべし

異常だと認識できたら、なぜ会社が怖いのかを考えてみましょう。必ず原因があるはずです。

ちなみに私の場合は以下の通り。

  • 仕事についていけなくて周りの目が気になる
  • 上司が何を考えているのか分からない

上記のように、必ず何かしら理由があるはずです。

原因を考える時は、自分に素直になって考えると良いと思います。「上司が何を考えているのか分からない」を例にとってみると、「上司が考えていることが分からないのは自分のせいだ。」と思ってしまう人もいるでしょう。私がそうでした。

しかし、人の考えている事なんて分かるはずありませんので、自分が原因だと思うものを率直に出してみましょう。

排除できる原因であれば排除。排除できないのであれば環境を変えた方が良い

原因を特定できたら、その原因を取り除けば良い訳です。

この取り除く作業は私もなかなか行動に移すことが出来ませんでした。

例えば今の現場から異動させてもらうとすると、やはり上司に相談するしかありませんので、結局何もできずに我慢してしまうことになります。

ですが私の経験上、我慢は何の得にもなりません。実は私は新卒で入った会社で我慢し続けて、精神的に病んで退職したという経験があります。「新卒で適応障害になり退職して転職できた話」にも書いていますが、精神的に病むと復帰するまでにも時間がかかるので、早めに動いた方が良いです。

また会社が怖い原因が「仕事が合わない」という理由の場合は、会社内で排除するのは不可能です。その場合は転職もしくは、自分で稼ぐ手段を身に付けるしかないと思います。

大体の人は転職になると思いますが、自分で稼ぐ手段を身に付けるのはめちゃくちゃおすすめです。

今読んでいるこのブログも収益化しているので、少ないですが収益が上がっています。何でも良いので副業を始めてみると、会社に対する価値観が変わってくるかもしれません。

結局お金さえあれば大多数の人は、会社には行かないと思います。自分で稼ぐ手段を作ってしまうのは、最強の環境だと思っています。もし副業に興味があれば、ブログの書き方などを個人的に真似しているmanablogというマナブさんが運営しているブログに色々情報がありますので、参考にしてみてください。

第一に考えるべきは自分

すいません。少し話が逸れました。

この記事を読んでいる方は日本の方が多いと思うので、日本人目線で話してしまいますが、日本人は元来他人の事を思いやる風潮があります。

上記はとても素晴らしいことですが、他人の事を思いやるのと自分を犠牲にする事は天秤にかけてはいけません。

第一に考えるのは自分で良いのです。自分の事を幸せにできなければ、相手を思いやることはできないと思っています。相手を思いやるという行為は、自分の生活に余裕がある人だけができるものだと思っています。

例えば毎朝満員電車で出勤する人が、満員電車で相手を思いやるとかぶっちゃけ無理ゲーです。

ですが普段は満員電車とは無縁の生活をしている人が乗ろうとしたのがたまたま満員電車だった時に、もしかするとその人は「うわぁ・・満員だから1本後で行こう」とか「満員だから朝飯をどこかで食べてから行こう」と、思ってくれるかもしれません。

出社時間に余裕のない会社員には絶対に出来ませんが、休日で遊びに行こうとしている人や、会社に行かなくてもリモートで仕事ができる人は、余裕があるので別の選択肢を選ぶ事ができます。

つまり、会社に行くために満員電車に乗るくらいならば、会社の近くに引っ越すですとか、転職して自宅近くの会社に勤めるとか、方法はいくらでもあるはずです。毎朝の満員電車を回避することも、自分の為ですので、積極的に動いて環境を変えるべきです。

余談:私は今伸び伸び仕事をしています

ここからは完全に余談になりますが、私は以前から考えるとかなりストレスフリーな生活をしています。

通勤には40~50分かかりますが、電車は下り方面なので毎朝座れます。また、残業もなく毎日ほぼ定時で帰っています。現在はIT系の会社に勤めており、プログラミングの知識を習得できるので、勉強するほど自分の市場価値を高めることができます。

最終的には自分一人で仕事ができるところまで持っていきたいので、まだまだですが、会社員の環境としてはかなり良い方だと思っています。

環境を変え続けた結果居心地の良い職場にたどり着けた

今の環境を手に入れるためには、自分でもかなり行動したと思います。

初めの会社で精神的に病み楽な仕事を探したが、残業が多すぎたので、残業が無く自分の価値を高められるところに行こうと思い、今の環境を手に入れることができました。

会社選びは運の要素が強い部分もありますが、転職を繰り返していると、求人を見た時に何となく「こういう書き方をしている企業は少し話を盛っているのかな。」と、分かってきます。

失敗を恐れて行動しないままだと無駄に年ばかり重ねて、どんどん動き辛い状況になりますので、早めに動いて自分の理想の環境を追い求めていく事をおすすめします。

座り込む人
最新情報をチェックしよう!