走り出す男性

体感ですが歌う時に腹筋は必要ありません

走り出す男性

歌の上達のために、腹筋を鍛える人がいます。

私は長年ボイストレーニングをしてきましたが、腹筋を鍛えたことは一度もありません。

 

今回は、歌の上達に腹筋は必要ないということを説明していきます。

 

 

 

腹筋が必要というのは、おそらく腹式呼吸の間違った解釈が原因

 

いないいないばあする少女

 

腹筋が必要と考えている人は、強い腹式呼吸するためにしているのではないでしょうか?

腹式呼吸とは、お腹に息を溜める方法のことです。

腹式呼吸をすると、普段よりも多くの息を取り入れることができます。

 

多くの息を取り入れることで、余裕を持って歌うことができるのです。

 

歌う時苦しくなってしまう人は、もしかすると十分に息が吸えていないのかもしれません。

 

仮に腹式呼吸で多くの息を取り入れたとします。

そして息を吐き出すときには、特にお腹に力を入れることはありません。

取り込んだ息が漏れないように、支えることはあります。

 

ですが、安易にお腹を凹まして力を入れるようなことはありませんので、注意しましょう。

 

 

お腹で支える力は必要だが、特に腹筋は関係ない

腹式呼吸で息を取り込むと、ものすごくお腹が張ります。

 

お腹に力を入れるというよりは、お腹に溜めた息を安易に漏らさないように支える必要があります。

お腹に力を入れるというよりは、お腹を張って息を溜めた状態を維持するようにしましょう。

 

上記のように支えるだけで、特に強固な腹筋は必要ありません。

少しお腹が苦しいかもしれませんが、張った状態を保つようにしましょう。

 

 

強い声を出す時に喉以外で出そうとしてはいけない

強い声を出したいのであれば、声を鍛えるのが一番です。

非常に単純です。

 

間違ってはいけないのが、強い声を出すために、体全体で出そうとすることです。

感覚として、体全体から声を出すイメージで歌うのは、その人の自由なので構いません。

 

ですが声は声帯が振動して、喉から出るものです。

 

あくまでも、お腹や首などは声を支えるためのものなので、強い声を出そうとして、変に力を入れてはいけません。

 

体には、最低限の力のみを入れるようにしましょう。

 

 

歌の上達に必要なのはボイストレーニング

 

歌う女性

 

最後になりますが、腹筋を鍛えるくらいだったら、ボイストレーニングをしましょう。

 

例えばサッカーの上達に腹筋は必要かもしれませんが、腹筋をメインですることはないですよね。

 

声は使い込むことで、色々なを出すことができます。

 

参考までに、過去に書いたボイストレーニングの記事を置いておきますので、よろしければどうぞ。

走り出す男性
最新情報をチェックしよう!