歌う女性

歌う時に苦しいと感じる人がやりがちな事と改善すべきポイント

  • 2020年8月25日
  • 2020年8月25日
歌う女性

どうも、きゃわ@icosoyamaです。歌のトレーニングを独学で10年以上続けています。

歌っている最中に、喉がつらくて苦しいと感じてしまうことはありませんかね。

歌っている時に苦しくなってしまうのは、発声の問題だったり、歌い方に問題があったりするのです。

上記について、これから深堀していきますね。

苦しそうに歌っている人のほとんどは頑張って声を出しすぎです

歌う男性

まず歌っている時に苦しくなってしまう人の歌って、聴いている方も苦しそうな歌に聴こえるんですよね。

苦しそうに聴こえてしまう原因は、頑張って声を出そうとしているからです。

勘違いしている人が割と多いと思うのですが、歌は別に頑張って声を出さなくても良いのです。むしろ頑張って声を出そうとすればするほど、苦しそうになってしまうのです。

歌う時と話す時の声量は変わらないです

ボイトレ関連の書籍とかにはよく書いてあるのですが、プロの場合、歌う時と話す時の声量はほぼ変わらないらしいです。

私達はプロではないですが、歌が上手くなりたのであればプロの真似をすべきですよね。であれば、歌う時には頑張って大きな声を出す必要は無く、普段話す時くらいの声量で歌えば良いのです。

一度試してみると分かりますが、大きな声を出して歌うと、声が綺麗に響かなくなるんですよね。逆に、普段と同じくらいの声量で歌うと、自然に響いて良い声に聴こえるのです。

声量は響かせて稼ぐ

ただ、普段話している声量では少し声が小さく感じる人もいるかもしれません。

上記のような人は、声を響かせることを意識してみましょう。

声を響かせるポイントは主に喉、口、鼻の3つです。まとめると下記の通りです。

  • 低音→喉
  • 中音→口
  • 高音→鼻

上記のように音の高さによって、響かせる場所を変えると良いとされています。

ただ低音だからといって、喉だけで響かせなければならないという訳ではなく、バランス良く、喉、口、鼻に響かせることが大切です。

上手く声が響くようになると、声量も大きくなりますので響きを意識してみて下さい。

歌っている途中で息が苦しくなるのはブレスの位置がずれている可能性もあります

顔を覆う少女

また、歌っている途中で苦しくなってしまうもう1つの原因として、ブレスの位置が間違っている可能性があります。

ブレスの位置が間違っていると、適切な場所で息を補充できないので、どうしても歌っている途中で苦しくなってしまうのです。

1曲通して歌う場合には、ブレスの位置はとても重要ですので、正確な位置でブレスする必要があります。

原曲を聴いてブレスの位置を正確に確認しましょう

ブレスの位置を覚えるのは簡単で、原曲を聴き込めば良いですね。

曲を聴き込むのって意外と難しいです。普段はなんとなく聴いている曲でも、意識して細かく聴こうとすると、ブレスの位置以外にも色々な発見があるはずです。

ブレスの位置だけでなく、語尾の伸ばし方なども原曲の歌い方を参考にすると、かなり歌いやすくなるはずです。

歌う女性
最新情報をチェックしよう!