歌う女性

歌う時にがなり声を出す方法

歌う女性

普段綺麗な声で歌っている人が、いきなりがなり声や少しひずませたような声を出すと、少しびっくりしますよね。

 

全てのフレーズをがなり声で歌ってしまうと、声に負担がかかるため、あまり現実的ではありません。

ですが、所々でがなり声を入れることによって、とても表現力のある歌になるでしょう。

 

私がボイストレーニングを10年以上やってきて分かった、喉を痛めないがなり声の出し方を紹介したいと思います。

 

 

 

がなり声は声帯を合わせる感覚で歌おう

 

 

まず初めに、無理矢理がなり声を出そうとするのはやめましょう。

カラオケで叫びながら歌っている人をよく見かけますが、翌日は声がガラガラになってしまいます。

 

叫ぶのと、がなり声は少し違います。

 

叫んで歌っている人は、以外にも力が入っています。

 

歌う時には、喉以外に力を入れないのが良い発声とされています。

 

一番簡単に喉のみに力を入れる方法は、喉を狭めるようにすることです。

喉を狭めたときに、無理矢理大きな声を出そうとしてはいけません。

初めは小さい声しか出せないかもしれませんが、練習を重ねるうちに、だんだんと大きな声を出せるようになっていきます。

 

喉を狭めるようにすると言いましたが、実際には2つある声帯が合わさった状態になっています。

関連する記事を置いておきますので、興味のある方はどうぞ。
これができればプロの歌声に!?声帯閉鎖のやり方まとめ

 

 

声帯をできるだけ合わせた状態で歌ってみる

 

歌うイラスト

 

声帯をできるだけ合わせた状態で歌うのは、結構難しいです。

理由としては歌には音程があり、高い音につれて声帯を開いていかないと、高い音が出なくなるからです。

 

声帯を合わせて歌うということは、ダンディな低音ボイスを、そのまま高音まで引き上げたような歌い方です。

 

また息漏れしていると、がなり声は出ません。

 

完全に声帯を閉じることはできませんが、がなり声を出すときは、口から息を出さずに、声だけを出すイメージで歌うと良いでしょう。

 

がなり声は無理をしすぎると、喉を痛めてしまう可能性もあります。

喉の調子に気をつけながら、がなり声を出しましょう。

歌う女性
最新情報をチェックしよう!