鼻のイラスト

歌う時に鼻から息を抜くと良いことばかりです

  • 2019年7月5日
  • 2020年7月29日
鼻のイラスト

どうも、きゃわ@icosoyamaです。歌のトレーニングを独学で10年以上続けています。

皆さんは歌う時に、しっかりと息を抜いていますか?

息を抜いて歌わないと、こもった歌声になってしまいます。

今回は私が長年ボイストレーニングをしてきて分かった、息の抜き方についてまとめていきます。

息は口と鼻から出す

話すイラスト

基本的に声はから出るものです。

声が出せる人であれば、息を口から出せない人はいないはずです。

口から息を出す方法については、そこまで深く考える必要はありません。口から出すだけでも大きな声を出すことはできます。

ですが、口だけの響きでは声がこもりやすくなります。歌う時には、口と鼻から息を出すようにしましょう。

両方響かせることで、抜けの良い声を作ることができます。

抜けの良い声は鼻に響かせることが大事

皆さんの周りに、常に鼻声の人や、とても鼻にかけて話す人っていませんか?鼻声の人は、遠くで話していても一発でその人だと分かりますよね。

限度はありますが、鼻に響きを持ってくることで、存在感のある声を作ることができます。

鼻に響かせる時のポイントは、鼻から息を抜くように声を出すことです。

難しいようであれば、最初は鼻声でも良いと思います。

また、鼻の響きが強い人の声を真似するとかでも良いと思います。

鼻に息を持ってくるには楽に発声することが重要です

熱唱する女性

鼻に息を持ってくるには少しコツが必要でして、喉に力を入れすぎると、なかなか息が鼻の方まで上ってこないことが多いです。

私の体感ですが、何も意識せずに声を出すと息が口から鼻まで満遍なく広がっていくんですよね。ここら辺は感覚の問題なので、自分で試行錯誤するしかないので、色々は発声を試してみると良いです。

喉に力を入れなくてもしっかりした声は出ます

また、そこまで力一杯声を出さなくても力強い声は出せるんですよね。

力強い声って別に声量が大きいとか語気が強いとかではないんですよ。声が密集していれば密集しているほど、力強い声になると思うのです。

イメージとしては、声って声帯で作るられるのですが、その時点ではとても小さいものなのです。その小さい声を口や鼻で増幅して大きな声にしていくのです。

そして口や鼻で声を増幅する際に、より響かせられるようになると声の密度が濃くなるんですよね。

声を響かせることに重きを置けば、そんなに力一杯声を出す必要はないのです。

鼻のイラスト
最新情報をチェックしよう!