パソコンで作業する男性

新卒1年目で退職しても何とかなるから無理するなという話

どうも、きゃわ@icosoyamaです。

先日、私が過去に経験した「新卒で適応障害になり退職して転職できた話」という記事を書きました。

これが意外にも多くの人に見てもらえたので、過去の自分のように悩んでいる方のために、就職するということについて、少し私の考えを伝えてみようと思います。

 

 

 

結論:会社なんて辞めても何とかなる

 

街並みのイラスト

 

これは、過去の自分にも言いたいことですが、「会社辞めようかなぁ」と悩んでいる時間は無駄です。

自分の人生ですから、失敗したくないというのは分かります。

過去の私も、辞めた後、本当に再就職できるか分かりませんでしたし、色々な不安がありました。

 

ですが、よほど今勤めている会社に思い入れがない限り、会社と私たちは、単なる雇用契約を結んでいるにすぎないのです。

 

私も、何か月も会社を辞めようか悩んでいた時期がありました。

ですが、会社を辞めようかと悩んでいるような会社に入ってしまった時点で、会社選びに失敗しているのです。

 

大学時代に、熱心に企業研究をした方もいると思います。

ですが、会社というのは入ってみないと分からないことも多いのです。

むしろ、入社してから分かることの方が多いです。

 

自分の選んだ会社だから、最後まで続けたいという方も、中にはいます。

しかしその考えは、はっきり言って間違いです。

 

会社というものは、あくまで金銭を得るためのものでしかありません。

金銭を得るために、皆さんの精神まですり減らす必要はありません。

 

まずは、会社を辞めたくなった時に、どうするかを考えるべきなのです。

 

 

ひとまず、今の会社で改善できるかを考えてみる

まずは、辞めたくなった原因を明確にすることが重要です。

場合によっては、配置転換や部署異動などで、解決するものもあるからです。

 

例えば、配属先の仕事内容への不満や、人間関係を改善したい場合は、直属の上司もしくは、本社の人事部などに、お願いしてみましょう。

当たり前ですが、自分で動かなければ、状況は変わりません。

過去の私は、自分から何も行動を起こさなかったので、結果精神的に異常をきたし、退職しました。

 

おそらく皆さんは、今非常に辛い状況にあるのだと思います。

ですが、少し勇気を振り絞って、行動してみてください。

行動することによって、少し環境を変えることができます。

 

 

今の会社でどうにもならなければ辞めてもOKです

どうにもならないこともあります。

給与面の不満や、労務管理、会社自体が嫌いになってしまった、やりたい事ができた、など色々考えられます。

 

会社というのは、自分の都合の良いようには変わりません。

会社は利益を追求するものですので、個人のことを考えていないからです。

 

自分の都合を、会社に押し付けてはいけません。

会社とは、月に定められた回数分の賃金を支払う契約を交わした相手なので、それ以上のことを求めてはいけません。

 

会社が与えるものは、お金だけです。

お金だけなら、他の手段でも稼げませんか?

宣伝するわけではありませんが、例えば皆さんが見ているこのブログも、お金を稼いでくれます。

 

広告収益といって、広告をブログに貼ると、クリック数に応じて、収益が発生する仕組みです。

別に、就職せずにお金を稼ぐ方法を見つけろと言っているわけではありません。

ただ、お金を稼ぐのであれば、皆さんの一番やりやすい方法で、稼いだ方が幸せだということです。

 

 

 

重要なのは辞めた後に何をするか

 

綿毛

 

ここまでの私の持論は、会社を辞めたくなったときは、辞めていいというものです。

ですが重要なのは、会社を辞めることではなくて、辞めた後どうするのか、ということです。

 

ほとんどの方は、再就職先を探すことになるでしょう。

私もそうでした。

 

転職は、そこまで難しくはありません。

むしろ、20代前半の皆さんであれば、企業は快く面接をしてくれるでしょう。

私自身、半年間ブランクがありましたが、結果として3つの企業から内定をいただくことができました。

 

転職することは、比較的容易です。

事実、リクナビNEXTのHPを参考にすると、転職回数が1~2回程度であれば、企業はそこまで気にしません。

 

皆さんが最も気にしているのは、新卒で入った会社をすぐ辞めても大丈夫なのか、というところでしょう。

ですが、企業側からすれば皆さんは第2新卒という枠になります。

最初の会社選びに失敗したからといって、それだけで面接を断る企業の方が珍しいです。

 

ですが、少しここで冷静になって考えてみてほしいのです。

会社に入ってもまた辞めたくなるのではないか、本当に続けられるのか、と今一度自分の心に聞いてほしいのです。

 

「続けられる!」と、はっきり答えられた人であれば、転職しても問題ないと思います。

ですが、はっきり答えられなかった方は、まだ転職活動をするべきではないと思います。

 

 

転職するのであれば、自分のことを第一に考えろ!

ここからは、あくまで私の考えですので、参考程度に聞いてください。

ほとんどの方の働く目的は、お金だと思います。

自分のためや他人のためなど、お金以外の理由で働いている方は、どんな理由にしろ、働くことに意義を見出しているので、とても素晴らしいことだと思います。

 

ですが、お金のために働いている方は、考えてみてほしいのです。

その会社に入社することで、自分にどんなメリットがあるのかを考えてみてください。

 

明確にメリットを挙げられた方は、自分のことを第一に考えていますので、後は意志の問題だと思います。

自分に自信をもって、転職活動をなさってください。

 

メリットを挙げられなかった方は、もう少し会社で働くということについて考えた方が良いでしょう。

会社で働くということは、言ってしまえば、会社の奴隷になることです。

言葉は悪いですが、これは事実です。

 

会社というのは、利益を追求するので、社員の給与などの人件費は削減しようとしますが、会社に利益をもたらすものには、多額の投資をします。

例えば、「大企業がほかの企業を何億円で買収した」や「海外に拠点を作るために多額の投資をした」などです。

 

これは実際に働いている社員には、少しも給与に反映されません。

しかし、会社には利益があるので、このような行動をとるのです。

 

会社というのは、人材いかに有効活用するかを考えているだけです。

したがって、就職するのであれば、こちらも会社を利用するつもりで行ったほうが良いのです。

 

例えば、「その会社には自分の身につけたいスキルがある」「この会社に入って人脈を広げたい」などです。

私たちは、生きていくために働かなければなりません。

 

ですが働くのであれば、自分のことを第一に考えましょう。

その会社に入る目的を、明確にしておかなければなりません。

 

お金を稼ぐという目的では、長続きしないでしょう。

一番効率的な方法は、圧倒的なスキルを身につけて、その業界にいなくてはならない存在になることです。

そうすることで、会社に縛られない稼ぎ方ができるようになります。

 

その一歩として、自分のことを第一に考えた働き方を、考えてみてください。

 

パソコンで作業する男性
最新情報をチェックしよう!