「FALSE」、「TRUE」の看板

試験前に緊張した時に読んでください。

私事ではありますが、今まで高校大学受験や他の資格試験など、様々な試験を経験してきました。

元々内気な性格で、人前に出ることや試験というものが、苦手でした。

 

しかし、少し考え方を変えることで、緊張を和らげることができます。

実際に試してみて、効果のあったものを皆さんにご紹介したいと思います。

 

 

 

とにかく自分のやってきたことを信じる

 

「ME MYSELF AND I」の文字

 

一番効果のあったのは、自分にひたすら言い聞かせることです。

自己暗示というものです。

 

試験前は、普通であれば相当な勉強をしているはずです。

難関試験でなければ、本来の実力を発揮することで、問題なく合格できるはずです。

 

したがって、試験前はひたすら自分に言い聞かせましょう。

「自分はできる」「自分はできる」「自分はできる」・・・

ひたすら言い聞かせることによって、本当にできる気がしてくるのです。

 

プラシーボ効果というものらしいですが、弱気な心で試験に挑むよりは、自信を持って挑んだ方が、良い結果が生まれるでしょう。

 

 

 

試験会場では勉強しない

試験会場では、極力勉強はNGです。

というのも、試験会場で勉強を始めた時に、分からない問題に遭遇すると、再び勉強しなおす必要があります。

 

今まで試験のために勉強してきたのですから、試験前の10~20分くらいは、自分の時間に充てた方が良いです。

例えば、最初から試験前にチェックするリストなどを作って、試験会場で確認するのは、とても良いと思います。

ですが、試験会場に到着して、他の人が勉強しているのを見て、突発的に勉強を始めるのは、精神衛生上よくありません。

 

試験会場での勉強は、予め決めた範囲を、復習するようにしましょう。

 

 

 

試験会場には、30分前くらいに行くのが良い

最後になりますが、試験会場へは、余裕を持っていくのが大切ですが、早すぎるのは良くありません。

理想は、30分前です。

 

試験当日は、特別な日なので、それだけで緊張してしまいます。

緊張するので、早く試験会場に行って、心を落ち着かせたい気持ちは分かります。

 

ですが、あまり早く行き過ぎると、待ち時間が長いので、逆に緊張してしまったり、集中力が切れたりします。

一番緊張しない方法は、普段の生活リズムを崩さないことです。

 

特別な日だからといって、特別な行動をする必要はありません。

普通に試験会場に行って、普通に試験を受けて、普通に帰ってくれば良いのです。

試験当日は緊張してしまいますが、なるべく試験というより、仕事や学校に行く感覚が望ましいです。

 

それでは、頑張ってください!

「FALSE」、「TRUE」の看板
最新情報をチェックしよう!