挨拶する人

仕事をしたくなくなった20代の生き方

どうも、きゃわ@icosoyamaです。

 

私は20代で、2回仕事を辞めています。

 

そもそも仕事が合わなかったり、何となく入った会社でやる気が無くなったりしたからです。

 

過去に、自分で稼ごうと考えていた時もありました。

 

このように生きていても、意外と何とかなるものです。

私の生き方から、何か皆さんにフィードバックできればと思います。

 

 

 

20代で仕事をしたくなくなるのは当然

 

考える男性

 

20代で仕事が嫌になるのは、当然です。

なぜかというと、そもそも自分のやりたい事や興味のあることが分かっていないからです。

 

私は現在20代後半ですが、やっと自分の続けていけそうな仕事が見えてきています。

 

ですが20代前半の時は、仕事に対してあまり深く考えていませんでした。

 

仕事はお金を稼ぐものであり、それ以上でもそれ以下でもないという考えです。

上記の考え方が良いかどうかは、分かりませんが、この先何十年と続いていく仕事に、この様な考え方では続けていくことは難しいです。

 

 

自分のやりたいことを模索することが重要

20代の内は、自分のやりたいようにすれば良いと思うのです。

これは無責任に言っているわけではありません。

 

私自身そういった生き方をしてきたのです。

 

新卒で入社した会社が肌に合わなかったり、自分の力で稼ごうとして挫折したり、色々な経験をしてきました。

以下の記事は、私が経験してきたことです。
新卒で適応障害になり退職して転職できた話

 

私の場合ある業界で独立しようと思い、現在会社員として働いています。

 

 

とりあえず動いてみるのも良いです

一歩踏み出せずに悩んでいる人は、とりあえず動いてみるのをおすすめします。

 

  • 仕事を辞めたいのであれば、転職サイトに登録する。
  • 仕事のやり方に悩んでいるのであれば、その分野の勉強をする。

 

上記は一見すると、考えもなしに動いているように見えるかもしれませんが、やった人にしか分からないこともあるのです。

 

例えば転職サイトに登録したら、予想以上に企業からオファーが来たとか、仕事に関係する勉強を始めたら、別の分野に興味が出てきてしまったなどです。

 

とりあえずやってみることで、予想外の収穫を得られるかもしれません。

 

大人になると、新しいことにチャレンジするのがとても億劫になります。

 

逆に言えば、ほとんどの大人はチャレンジしていないのです。

 

とりあえずチャレンジしているだけで、他の人と差別化できるのです。

挨拶する人
最新情報をチェックしよう!