セグウェイに乗るイラスト

仕事なんてどうでもいいんですよ。生活できれば問題ないでしょ

どうも、きゃわ@icosoyamaです。私は、働くのがストレスすぎて月5万アルバイトで稼いでいる実家暮らしの29歳です。

最初にこんな自己紹介をしたのは、ぶっちゃけそこまで稼がなくても生きていけるというのを分かって欲しかったからです。

もちろんみなさん色々な事情があると思いますが、固定費を最大限削ることができれば、月5万でも割となんとかなります。

私は大学卒業後から6年くらい正社員として職を転々としながら働いていたのですが、どうにも1日9時間も拘束されるのがめちゃくちゃ苦痛だったんですよね。他の人から見ればただの甘えかもですが、個人的に正社員としてこれから生活していくのは無理だと思いました。

ですのであまり稼がなくてもいい生活スタイルに変えてしまえば良いと思ったんですよね。

おそらくほとんどの人は実家に帰ることができるはずです。実家は最高ですよ。実家に帰れば家賃も掛からないですし、親が健康なら食事も出てきますし家事全般やってくれますからね。

流石に家事くらいは自分でやった方が良いかもですが、住む場所を変えるだけで仕事の悩みが解決する人も結構いると思うのです。

仕事はお金を稼ぐためにあります。他の理由は必要無いです

お金のイラスト

仕事を選ぶ時に、自分が成長できる仕事を選ぶ人とか好きな仕事を選ぶ人など様々だと思うのですが、仕事を選ぶ第一の理由として大事なのは必要なお金を稼げるかどうかです。

中には仕事を生き甲斐にするみたいな人もいるかもですが、ほとんどの人はおそらく嫌々仕事をしていますよね。であれば、上記のような大層な理由など必要無くて、仕事はただお金を稼ぐための手段だと割り切ってしまえば良いのです。

過去の私は仕事に対して無理矢理プラスに考えようとして、なるべく仕事がストレスにならないようにしていたのですが、無理矢理プラスに考えようとしている時点でそもそも仕事がストレスになっていたんですよね。

仕事でストレスを感じないのは無理だと思いますが、限度があると思います。そのストレスの限度に自分が耐えられるかどうかが重要だと思うのです。

なので個人的に仕事に対して無理矢理ポジティブな考え方を持つ必要はなく、むしろお金を稼ぐという一点において、どれだけ今の仕事に耐えられるかを考えるべきなのです。

問題は生活のためにどれだけ仕事に時間を割けるかです

仕事に耐えられるかどうかは自分がどれだけ仕事に時間を割けるかで判断すれば良いと思います。

例えば過去の私は「新卒で適応障害になり退職して転職できた話【無理をしない】」の記事でも書いたのですが、残業や仕事のストレスで精神的に参ってしまったことがあります。今考えると、自分の時間を削って仕事に励んでいたのが原因なのですが、私の周りの人を見ても結構みなさん嫌々言いながらも残業して長時間働いている人が多いと思います。

個人的に仕事がストレスになって自分が苦しくなるくらいなら、仕事に割く時間を減らすべきです。

ただ今の職場で仕事の時間を減らすのはおそらくめちゃくちゃ難しいです。会社で1人だけ残業せずに定時で帰るのは、多分同じ職場の人から反感を買いますからね。

であれば、環境を変えるしかないと思うのです。

仕事に時間を割きすぎて苦しいのであれば環境を変えるべきです

基本的に会社の体質はそうそう変わりません。残業が多い会社はいつまでも残業が多いですし、仕事量が多い会社はおそらくこれからも仕事量が多いままです。

上記は私が6年程正社員として働いて感じたことです。

なので、仕事に割く時間が多すぎて苦しいならば、環境を変える必要があるのです。具体的には転職とか地方に移住するとかですね。

環境を変えるにあたって転職が一番手っ取り早い手段だと思います。あともう1つおすすめなのが、地方に移住もしくは地元に帰って仕事を探すことですね。

結局東京などの生活費が掛かる場所だと、その分稼がなくてはいけないんですよ。であれば、地方に移住して固定費を下げてしまえば、そこまで稼ぐ必要が無くなるのです。

これはあくまでも私が感じているだけかもですが、地方の方が仕事が楽です。私は過去に警備員を東京でしていて結構大変だったのですが、地元に帰って警備員の仕事をするとあまり人がいないので、めちゃくちゃ楽だったんですよね。

上記は警備員という仕事の特性も関係していると思いますが、地方だと東京のように人で溢れることもないですし、人が少ないということは、それだけ仕事がしやすい環境だと思うのです。

なぜかというと、東京などの大都市には人がたくさん集まるからたくさんの仕事があるので、それだけ仕事量が多くなるからです。

人が少ないというのは、それだけで仕事がしやすい環境なのです。

環境を変えれば仕事の重要度も変わる話

肩を組みあう人達

環境を変える一番のメリットは、仕事の重要度が低くなることです。

ここで言う環境を変えるとは、転職だけでなく地方などに移住して積極的に固定費を下げることを言っています。

一人暮らしと実家暮らしでは明らかに仕事の重要度が異なります

私の話になりますが、一人暮らし時代は毎月大体15~17万くらい支出がありましたが、実家暮らしになってから毎月4万くらいで生活できています。

毎月15万稼ぐのと毎月4万稼ぐのでは、全く難易度が違いますよね。

毎月4万だったらぶっちゃけ日給1万の仕事を4日やれば稼げます。ですが、毎月15万だとおそらく週4~5くらい働かないと無理です。

私は一人暮らしをしていた時は実家暮らしは甘えだと思っていたのですが、単純に自分のプライドの問題だったんですよね。

今は完全に「楽できるなら実家暮らしの方が良くね」くらいに思っています。

生活にかかるコストを見直せば自分が楽になります

仕事がお金を稼ぐための手段ならば、毎月掛かる生活費を極限まで減らせばそこまで仕事をしなくても生活できるようになるんですよね。

個人的に無理して一人暮らしとかおそらく意味が無いです。冷静に考えて家賃を払って固定費を上げてまで、一人暮らしする理由がほとんどの人には無いと思うのです。

一人暮らしをしてみたいから一人暮らしするとかであれば良いですが、親に甘えたくないから一人暮らしするなどという変なプライドは生きる上でおそらく邪魔です。

以前「楽することばかり考えるのは悪いことじゃないだろ。楽するための行動をしよう」という記事を書いたのですが、個人的に楽することは悪いことではないと思います。むしろいつまでも楽できないと苦しくなるだけなので、自分が楽になるように行動していくことが大事です。

なので、実家に帰れるのであれば実家に帰ってぬくぬく生活すれば良いと思うのです。別に周りからどう思われようが関係ないじゃないですか、自分の人生なんですから。

結局仕事はお金を稼ぐための手段です。生活できる額だけ稼げれば、後はどうでもいいです

部屋でくつろぐ人

毎月の生活費が少ないほど仕事をする理由が無くなっていくのです。

仕事が楽しくて仕事を頑張る人はそれで良いですが、お金を稼ぐために仕事をしている人はぶっちゃけ仕事がつまらないはずです。であれば、つまらない仕事に自分の時間を割くよりも、固定費を下げて必要なお金を減らしていけばつまらない仕事をあまりしなくて済むようになるのです。

別に毎日仕事を頑張っている人が偉い訳ではないです。むしろ賢く今自分が使える環境を最大限に利用して生きていくのがおそらく賢い生き方です。

中には貯金しないと将来が不安という人もいるかもですが、貯金することが目的になってしまって具体的に何のために貯金しているかを明確にしないと、貯金する意味が無いと思うんですよね。

例えばどうしてもフェラーリが欲しいからたくさんお金が必要とか、世界1周旅行に行きたいから貯金をしているなどであれば、目的がはっきりしているので頑張って働いて貯金すれば良いと思うのです。

上記の貯金をする目的を見て「そんな私利私欲みたいな理由でいいの?」と思われた方は、個人的にお金に対する考え方が少し下手かなと思います。

というのもお金って使うためにあるので、例えば起業したいからお金を稼ぐのも立派な貯金するための理由ですが、たくさんお金を稼ぐ理由なんてもっと身近なことで良いと思うのです。

自分が何かしたいもしくは何か欲しいと思う素直な気持ちを、そのままお金を稼ぐ理由に結び付ければ良いのです。

お金なんてのは極論自分の欲求を満たすための道具でしかないと思うのです。

無駄な残業をしてお金を稼いでもおそらくあまり意味はないと思う話

最後に会社員には誰しもつきまとう残業の話をします。

私は過去に正社員として3つの会社で働いてきましたが、ぶっちゃけどの会社も残業が結構ありました。私の仕事運が無いだけかもですが、1社目と2社目の会社で月に80時間以上、3社目の会社は月に50時間くらい残業がありました。

例えば自分の仕事が終わらなくて残業してしまうのは、自分の能力不足なのでむしろ残業してでも仕事を終わらせるべきですよね。

ですが、ほとんどの会社では残業抜きでは終わらないような仕事量をやらされることが多いはずです。これは自分の問題というよりは、会社の問題ですよね。要は会社に人が足りていないから、社員1人当たりの仕事量が多くなる訳です。

ぶっちゃけ上記のような残業は個人的に無駄だと思います。

私は月に80時間くらい残業をしていた時は残業代だけで生活費を賄えるくらいでしたからね。初めはたくさんお金がもらえて喜んでいたのですが、ぶっちゃけ月に80時間も残業をしていると、お金を使う暇が無いんですよ。

ですので結局ただお金が給与口座に貯まっていくだけなんですよね。

使う予定の無いお金を貯めても無駄なだけです。それに無駄な残業の一番のデメリットは、自分の時間が無くなることです。自分の時間が無くなるとおそらく人は病みます。

病むと仕事をする気力が無くなってくるんですよね。無駄な残業ってぶっちゃけ会社側にもあまりメリットは無いはずです。社員が病んでしまったら最悪辞められてしまいますし、残業が多いということは会社のお金を人件費に回さなければいけなくなります。

ですが無駄だと分かっていてもおそらくあなたの会社が変わることはないと思います。私は6年くらいしか正社員をしていませんが上記が真実だということは分かります。むしろ、今この記事を読んでいる何十年も会社員として働いているみなさんの方が、会社の本質が変わらないということを理解しているのではないでしょうか。

なのでこの記事では散々言っていますが、環境を変えるしかないのです。固定費を下げてお金があまり掛からないような生活をすれば、お金を稼ぐ必要が無くなります。

いきなり転職とかしなくても良いので、一度実家に帰って地元の求人を少し見てみるとかでも良いと思うのです。

セグウェイに乗るイラスト
最新情報をチェックしよう!