エナジードリンクMONSTERに含まれるカフェイン量と効果

今回は私も日々お世話になっている、エナジードリンク「MONSTER」に含まれるカフェインの効果、および摂りすぎによる副作用などを、まとめました。ご存じない方のために、「MONSTER」とは、こんな感じのエナジードリンクです。

それでは、早速行ってみましょう~

エナジードリンク「MONSTER」に含まれるカフェイン量

「MONSTER」にはいろいろな種類が販売されていますが、基本的に全て355mlです。

そして、カフェイン量は、100ml当たり40㎎となっています。 なので、355mlのうちカフェイン量は約140㎎となります。 つまり、「MONSTER」1本飲むと、140㎎カフェインを摂取したことになります。

140㎎といってもなかなかイメージがわかないと思います。 まず、カフェインについて説明したいと思います。

1日当たりのカフェインの摂取量。

こちらの、厚生労働省のホームページによると、 カナダ保健省の発表では、カフェイン量は、健康な成人で1日当たり400㎎。妊婦の場合、1日当たり300㎎までとしています。

「MONSTER」で例えると、健康な成人で「MONSTER」約2.8本。 妊婦であれば、「MONSTER」約2.1本までです。

まとめると、
成人ならば、1日「MONSTER」2本までなら、ほとんど健康上の懸念はない。

参考までに子供の場合、
4~6歳:1日当たり45㎎
7~9歳:1日当たり62.5㎎
10~12歳:1日当たり85㎎

13歳以上はデータ不足のため不明。
しかし、自分の体重1㎏あたり2.5㎎以上のカフェインは、摂取しない方が良い。

子供に飲ませる場合は、「MONSTER」丸々1本飲ませるのは、カフェインの摂りすぎになりますので、注意してください。

カフェインの効能と、摂りすぎによる症状

・カフェインの効能
眠気覚ましなどの、興奮作用。利尿効果。 

・摂りすぎによる症状
めまい、心拍数の増加、興奮、震えなどなど

眠気覚ましもあくまで一時的なものですので、摂りすぎには注意が必要です。

私も一時期MONSTERなどのエナジードリンク系を多用していた時期がありました。度々トイレに行っていましたし、確かに動機や手の震えが止まらない時がありました。

「MONSTER」以外にもカフェインは含まれている

テーブルに置かれた本と軽食

成人であれば、1日2本までなら「MONSTER」を飲んでも、ほとんど健康上影響はないといいました。

ですが、カフェインが含まれるのは、「MONSTER」だけではありません。

全日本コーヒー協会によると、

  • コーヒー:60㎎
  • 紅茶:30㎎
  • 玉露:160㎎
  • 煎茶:20㎎
  • ウーロン茶:20㎎           ※すべて100ml当たりの値

玉露とコーヒーは、「MONSTER」より含有量が多いです。

また、毎日飲む人もいるであろうコーヒーには、60㎎含まれています。 コーヒーに関しては、マグカップ1杯で大体カフェイン100mgなので、1日にコーヒーを何杯も飲む人は、要注意です。

特に事務職などの普段外に出ない職業の方は注意が必要です。昼飯の後はどうしても眠くなるので、コーヒーなどで対策している方もいるかもしれません。ですが、良かれと思ってやっている事が体には良くない事もあります。

なるべくカフェインに頼らない眠気対策を心掛ける

「MONSTER」に限らず、カフェインを多量に含んでいる飲料は、たくさんあります。

私たちが口にしているものは、全てが体に良いものとは限りません。カフェインも、適量であれば全く問題はありません。

眠気対策で日常的にエナジードリンクを摂取している人は、少し改善した方が良いかもしれません。

私は一時期眠気対策のためにエナジードリンクを多用していましたが、何とか別の方法で凌ぐようにしています。私が実践している方法を以下にまとめて見ます。

  • 1時間半に一回は休憩を入れる
  • 休憩時にストレッチをする
  • トイレの個室で少し目を瞑る
  • どうしても眠い時だけカフェインを摂取する

自分なりのルールを作ることが大切です。

ぶっちゃけどうしても眠い時は、カフェインに頼って良いと思います。適量であれば問題ないわけですし、上手くカフェインの摂取量をコントロールしていきましょう。

まとめ

いかがでしたか? 今回は身近なものとして、エナジードリンクの話題を取り上げました。

私もたまに飲むことがありますが、今回自分で調べてみて、色々な飲料にカフェインが含まれていることが分かり、とても勉強になりました。

また機会があれば、日常ネタを提供したいと思います。 それではまた~

最新情報をチェックしよう!