俯いている女性

会社が辛いなら辞めて休むのもあり【2回退職経験してます】

どうも、きゃわ@icosoyamaです。

私は過去に、2つの会社を退職した経験があります。

 

1つ目は、精神的に追いやられて退職しました。

2つ目は、どうしても会社の長時間労働が、肌に合わず辞めてしまいました。

1つ目の会社の詳しい話は、新卒で適応障害になり退職して転職できた話に、記載しています。

 

 

 

退職した後に生活できれば、辞めても大丈夫です

 

椅子に座っている男性

 

仕事を辞めることを、大げさに考えている人もいますが、仕事を辞めて困ることは、収入がなくなることです。

正直、それ以外に仕事を辞めることのデメリットは思いつきません。

 

たまに、ブランク期間が長くなると、転職活動に影響するという人もいます。

確かに、年齢が上がるほど厳しい現実はあります。

ですが、高望みしなければ、意外と求人はあるものです。

 

私は前職、施設警備員の仕事をしていましたが、40代で入社して来られる方は、割と多くいました。

不人気な業界ということもありますが、40代の未経験者が転職できることも事実です。

 

転職活動が上手くいくかは、やってみないと分かりません。

転職活動するリスクと、今の会社に残るリスク、どちらを取るかを自分で選ばなければなりません。

 

転職するか今の会社に残るかは、皆さん自分自身で判断してもらうとして、実際に会社を辞める時には、生活できるかを、心配した方が良いです。

最低でも、退職後半年くらいは、生活できる貯金が欲しいですね。

 

半年くらい生活できる貯金があると、3ヶ月くらい遊んで、その後3ヶ月で転職活動に専念できます。

転職活動は、大体3か月くらいかかるといわれています。

3ヶ月という数字は、結構リアルな数字だと思います。

 

私が転職した時は、精神的に参っていて、半年くらいかかりましたが、普通の方なら3ヶ月くらいで転職できると思います。

 

 

いざという時にために、貯金はしておいた方が良い

今現在辞める予定がない方も、貯金はしておいた方が良いです。

というのも、いつ自分が会社を嫌いになるか、分からないからです。

 

会社が好きで好きでたまらないという人もいるのかもしれませんが、恋愛と同じで、急に冷めてしまう時もあります。

愛着や情熱が無くなってしまうと、全てが楽しくなくなってしまいます。

 

また、部署異動などで人間関係が変化して、ストレスになることもあります。

私も経験がありますが、同じ会社でも、現場によって地獄のようなところと、天国のようなところがあります。

 

いつ自分が大変な現場に異動になるかは、分かりません。

それに、会社は私たちのことは、全く考えていません。

自分の身を守るためにも、最低限の貯金はしておきましょう。

 

 

 

体を壊すくらいなら辞めた方が良い

 

負傷している人のイラスト

 

周りの目が気になるのか、単に辞めることが怖いのか分かりませんが、体を壊されるまで、酷使される会社には、いるべきではありません。

当たり前のことなのですが、仕事だからといって、皆さん自分に厳しくしすぎです。

 

そもそも、仕事は厳しくて当たり前という、社会の風潮は、おかしいと思うのです。

もちろん雇用契約を結んでいるので、仕事にはまじめに取り組みますが、果たして、人を消耗品くらいにしか考えていない会社に、そこまでまじめに取り組む必要はありますか?

 

楽をしろと言っているわけでは、ありません。

ですが、しなくてもいい苦労をするべきではないのです。

 

したがって、体を酷使されるような会社に勤めている方は、今一度ご自分の身の振り方を考えた方が良いです。

 

 

辞めてからでも就職活動はできます

最初の方にも言いましたが、退職した後からでも就職活動は可能です。

 

色々な情報があり、「在職中に転職活動をした方が良い」、という意見もあります。

もちろん、合理的に考えれば、在職中に次の会社を決めた方が、良いでしょう。

 

ですが、毎日体を酷使されている労働者に、転職活動する体力がありますか?

正直、私には無理です。

 

あくまでも、「在職中に転職活動するべき」と、いうのは理想論であり、人によって異なります。

仕事を辞めてからでも、十分転職活動は可能ですので、今仕事が辛くて仕様がない人は、自分の仕事と向き合ってみましょう。

俯いている女性
最新情報をチェックしよう!