歌う男性

人生が楽になる自分ルールの作り方

どうも、きゃわ@icosoyamaです。

私が自分ルールでやる事を明確にして行動するようになってから1年ほど経ちますが、明らかに変わったことがいくつかあるので下記にまとめてみます。

  • ブログを始めた
  • 読書週間が身についた
  • 動画を定期的に投稿するようになった

他にも退屈な生活から忙しくなったとか、やりたい事が多すぎて時間が足りなくなっているなどもあります。

もちろん1年くらいの継続ではまだまだ成果は出ませんが、確実には出てきています。

自分のやりたい事を最優先に出来るのが自分ルールの醍醐味である

無数の手のイラスト

まず初めに注意なのですが自分ルールはあくまでも自分の為のものなので、自分のやりたい事を最優先にしてOKです。

自分ルールの決め方として一番ダメなのは、「昔からピアノをやっていたからこれから毎日ピアノを弾こう」とか、「とりあえず役に立つから英語の勉強をしよう」、これらは自分ルールの決め方として適切ではありません。

どのように決めるのが良いかというと、「絵が上手くなりたいからイラストを描こう」とか、「金稼ぎたいからブログを収益化しよう」などです。

上記の決め方の違いは受動的主体的かという点です。

昔からやっている」や「とりあえず役に立つ」は受動的でして、「~したい」というのが主体的です。

人生つまらないと感じている人は、反射で受動的になっている場合があります。これは過去の私の事でして、自分の知っているテリトリーから外に出たくないんですよね。気持ちは痛いほどわかるのですが、主体的に行動しない限り100%人生は楽しくなりません。これは私の経験から断言します。

ですので主体的な理由で自分のやりたいことを決めるのがベストです。

やりたい事の基準は直感でOK。逆に考えると本当にやりたい事が見えなくなる

自分のやりたい事は直感で決めてOKです。

考えるのは確かに大切なのですが自分の気持ちに素直になる事も大事です。

「とりあえず走りてぇ~」と思ったら毎日ランニングしたらよいのですが、冷静に考えると「毎日ランニングして何か変わるのか?」と思いますよね。

ここからは私の想像ですが毎日ランニングすると、まず「毎日ランニングした」という実績が得られます。

「え?なにそれ」と思うかもしれませんが、上記はかなりすごい事ですよ。普通の人は毎日ランニングなんて出来ませんから。

それに毎日ランニングしていれば体も鍛えられて健康に良いですし、走っている最中に色々な景色が見れるので、メンタル的にもめちゃくちゃ良さそうですよね。

私の想像だけで上記のようなメリットが思い浮かぶので、実践してみるともっと良い事があるはずです。

何事もそうですがぶっちゃけやってみないと分かりません。というよりかは、やらない事が一番のリスクと個人的には思っています。

【なんでも可】自分ルールを決めて行動すれば全て上手くいく」にも自分ルールについて記載しありますので、よろしければどうぞ。

毎日5分でも良いのでやってみる

自分ルールを継続させるコツはとりあえずやってみるです

とりあえずやってみるだけで人生が割と退屈しなくなります。

騙されたと思って5分だけでも自分のやりたい事をやってみて下さい。5分ほどだらだらしたり適当な動画を見たりする時間が減るだけです。大した損失ではないはずです。

確実に人生を楽にしてくれる自分ルールという最高の縛り

グラフ

ゲームでアイテムを使わずにクリアする事を縛りプレイと言いますが、自分ルールは人生における最高の縛りだと思っています

毎日ひたすら自分のやりたいを思った事をやるだけ。お金もかからないのに自分を勝手に高めてくれる最高の縛りではないでしょうか。

人生の時々においてやりたい事は違ってくると思いますが、その時々にやりたい事を毎日コツコツやっておくことで、確実にその後の人生の資産になるはずです。

ひたすら走れば体が鍛えられますし、読書をしまくれば知識が習得できますし、ひたすら絵を描きまくれば画力が上がります。

「それって人生に必要なの?」と思うかもしれませんが、自分の人生に必要なのって意外と他人から見たらどうでも良い事です。

人生退屈で仕方がないなら、自分のやりたい事を毎日やりましょう。きっとそれだけでもいつもと違う毎日を送れるはずです。

歌う男性
最新情報をチェックしよう!