証明書を持つ男性のイラスト

大学生におすすめしたい社会で役に立つ資格3選【取得済み】

私が取得した資格の中で、社会に出たときに役立つものを、紹介したいと思います。

就職活動を控えている大学生の皆さんは、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

TOEIC

 

TOEICの文字

 

一番おすすめなのは、TOEICです。

日本の人口は確実に減っていきますし、外国人労働者が目に見えて増えていますよね。

 

これからの日本社会を考えてみても、英語は必須スキルになります。

また仕事によっては、外国人のお客様を、対応することもあります。

 

接客業であれば、英語を使う場面は非常に多いです。

日本で暮らしている外国人も多くなっているので、仕事のお客様が、日本人だけとは限りません。

 

仕事だけでなく、汎用性の高いスキルです。

海外旅行に行くときにも、使えます。

 

受験しておいて損は、ありません。

TOEICは、990点満点ですが、就職活動でアピールするのであれば、800点以上あるとアピールしやすいです。

700点台くらいであれば、よく見かけますが、800点以上の人は、あまり見たことがありません。

 

800点以上を目指して、ぜひチャレンジしてみてください。

こちらから、TOEIC公式HPに飛ぶことができます。

 

 

 

秘書検定

私が、社会人になってから取得した資格です。

秘書検定となっていますが、社会の一般常識を身につけることができます。

 

秘書検定の良いところは、実際に社会で働いたことがない方でも、勉強していく中で、働くことをイメージできることです。

敬語の使い方や、社会人としての身だしなみなど、色々な知識を身につけることができます。

 

秘書検定には、3級、2級、準1級、1級の4種類あります。

とりあえず何か資格を取りたい人は、2級がおすすめです。

難易度もそれほど高くありませんし、1ヶ月ほど勉強すれば、問題なく取得できるはずです。

 

勉強方法については、秘書検定2級の一発合格法」を、ぜひ参考にしてください。

受験内容等の、詳しい項目については、秘書検定のHPをご覧ください。

 

 

 

MOS(マイクロオフィススペシャリスト)

 

Excel画面のイラスト

 

MOSも、社会人になる前に取っておくと、とても便利な資格です。

MOSについて簡単に説明すると、Word、Excel、PowerPointなどの、ソフトの習熟度の試験です。

 

どの分野の仕事でも、必ずパソコンを使用する機会はあります。

報告書の作成などでは、必ずWordやExcelを使います。

そんな時に、MOSを取得しておくと、とても役立ちます。

 

ただ、自分のパソコンを持っていないと、WordやExcelの学習ができませんので、注意しましょう。

難易度は、一般と上級に分かれています。

 

特別な理由がない限りは、一般を受験しておけば良いかと思います。

基本的な操作を学ぶことができますし、比較的短時間で学習できるからです。

 

試験内容などについては、MOSのHPをご覧ください。

証明書を持つ男性のイラスト
最新情報をチェックしよう!