座っている男性のイラスト

2年で新卒が全員辞めた警備会社の話

どうも、きゃわ@icosoyamaです。

私は過去に中途採用で警備員になった時に、新卒社員が6人くらい同じ現場に配属されたのですが、2年間で全員辞めていったというある意味事件がありました。

ちょっと当時の記憶を掘り起こしていきますね。

2年で新卒が全員辞めた理由で一番多かったのは仕事がつまらなかったから

書類のイラスト

私はが警備員をしていた頃は25歳くらいだったので、割と新卒の人たちとも年が近かったのです。

警備員は40代前後の人たちが多いので、若い人たちは若い人で固まる傾向があるんですよね。

私は3年程警備員として働いたのですが、私が警備員になった1年目に入ってきた新卒の人たちが2年間で全員辞めていったのです。

辞めた人全員に聞いたわけではないのですが、辞める理由をそれとなく聞くと、仕事がつまらないという意見が一番多かったですね

警備員の仕事って受付や立哨など、日によっては暇な一日もあるので、何かしたいと思って入社した新卒社員には物足りなく感じるのでしょう。

新卒は全員辞めていったけど正直なのは良い事だと思うのです

私は新卒でSEになったのですが、同期が40人くらいいて一番最初に会社を辞めたのが私だったんです。1年半くらい勤めていたのですが、それまで誰も辞めないって逆にすごいことだと思うのです。

だって私の現場では普通に残業が月80時間とかありましたからね。他の現場はもう少し残業が少ないみたいでしたが、これからは自宅と会社を往復するだけの人生なのかと絶望していました。

当時の私は新卒ですぐに会社を辞めたらやばいと思っていたので、結果体調を壊すまで働き続けてしまいました。

ただ今の新卒社員の人たちは割とドライな考えなんですかね。2年間で新卒社員6名全員辞めるのですから、割と自分に正直に生きているなと思います。

私はつらいいことはつらいでいいと思いますし、やりたくないことはやりたくないでいいと思います。

我慢して仕事をしていても何も良い事なんてないんですよね。私のように我慢して仕事をすると体調を壊す可能性もあります。

自分の心に正直に生きれば良いと思うのです

体質の古い会社は淘汰されていく

ぶっちゃけ私が働いていた警備会社はかなり古い体質の会社で、体育会系でパワハラ上司なんかもいましたね。

上記のような会社は今の時代に合っていないですよね。ある程度年を取っている人であれば、古い体質の会社にも耐性があるかもしれませんが、今の若い人は「俺の言う事を聞いておけばいい」などのゴリゴリの体育会系のノリにはついてこないと思います。

そして古い体質の会社って大企業に多いんですよね。

ベンチャー系の企業とかだと、福利厚生は少し不安な面もありますが人間関係というかパワハラとかセクハラとかの対策はきちんとしているところが多いです。

というかそもそもベンチャー系の企業だと、勤務している人たちの年齢が若いので古い思考を持っている人が少ないんですよね。

今は完全に働きやすい会社と働けない会社の二極化していると思います。大企業であっても、何の対策もせずに社員が安心して働けない環境のままだと今の若い人たちに見限られて、人材を確保できなくなってしまうのではないでしょうか。

今会社に一番求められているのは働きやすい環境です

個人的に社会が今会社に一番求めているのは、働きやすい環境だと思います。

ぶっちゃけ会社で頑張って働いても給料なんてそこまで上がらないですよね。であれば働きやすさを会社としてもアピールするしかないと思うのです。

給料に関しては稼ぎたい人は副業などをして稼ぎ、本業は生活を保障してくれるくらいの額を給料として受け取るのが今後の日本のスタンダードになると思っています。

座っている男性のイラスト
最新情報をチェックしよう!