コーヒーとコーヒー豆

コーヒー飲むと気持ち悪くなるあの現象

私事ですが、先日コーヒーを飲んでいたら、気持ち悪くなってしまいました。

普段あまりコーヒーは飲まないのですが、思い返してみると、コーヒーを飲むといつも気持ち悪くなる気がします。

 

少し気になったので、今回はコーヒーについて調べてみました。

 

 

 

カフェインが悪いらしい

 

コーヒーとコーヒー豆

 

調べてみると、カフェインが悪いみたいです。

厚生労働省のHPによると、カフェインは興奮作用や吐き気を催すことがあるみたいです。

 

以前エナジードリンクのカフェイン量について、記事を書いたのですが、その時のものを参考にしてみると、コーヒーはマグカップ1杯で、100㎎あるみたいです。

成人の1日当たりの摂取量が、400㎎なので、コーヒー4杯以上は、カフェインの摂りすぎに当たります。

 

缶コーヒーくらいであれば、問題ありませんが、1Lのコーヒーを1日で飲み切ってしまう人は、少し改めた方が良いでしょう。

普通のジュースと同じ感覚で、コーヒーも飲んでしまうことが多いので、注意が必要です。

 

 

 

エナジードリンクよりもコーヒーの方がカフェインが多い

意外かもしれませんが、一般的なエナジードリンクよりも、コーヒーの方がカフェイン量が多いです。

    100ml当たりのカフェイン量
  • エナジードリンク 40㎎
  • コーヒー     60㎎

 

エナジードリンクは、何となく体に悪いイメージがありますが、コーヒーはそこまで悪いイメージがない気がします。

しかし、カフェイン量だけ見ると、コーヒーの方が体に悪いです。

 

コーヒーを毎日飲む人は、少し生活習慣を改めた方が良いでしょう。

 

 

 

まとめ

大人になると、仕事中の眠気覚ましなどで、度々飲んでしまうコーヒーですが、意外にもカフェインを多く含んでいます。

適切なカフェインの量を摂取する分には、問題ありませんが、飲みすぎは体に毒です。

体を壊さないためにも、カフェインとうまく付き合っていきましょう。

 

コーヒーとコーヒー豆
最新情報をチェックしよう!