キャンドル

UVERworldボーカルTAKUYA∞の甘い歌い方を徹底分析

キャンドル

今回は、UVERworldのボーカルTAKUYA∞さんの歌い方を、分析したいと思います。

一応自己紹介をします。
興味ない方は、下へスクロールしてください。
・ボイトレ歴10年以上
・YouTubeに歌ってみた動画を最近上げ始める
そんな奴が書く記事になります。

歌い方

歌う男性

歌い方は、喉の奥から「ヴォェェェェェェェェェ」って声を出す感じです。

馬鹿にしてないですよ。

汚い話になるんですけど、気持ち悪くて吐くときあるじゃないですか。あんな感じです。

腹から息が上がってきて、喉の奥にため込んだものをそのまま出す感覚。 

これには一応根拠があって、佐藤涼子さんというボイストレーナーさんがいらっしゃいます。

この方、TAKUYA∞さんのボイストレーナーをされていた経歴があるそうです。

他にも、色々な著名なアーティストのボイストレーナーをされた経験をお持ちです。

YouTubeに佐藤さんのボイトレ動画が上がっているのですが、本人が投稿しているのか分からないのでリンクは貼らないでおきます。気になる人は実際に見てみると良いです。

動画を見てみると、舌根を下げて「オ~オッ」と吐いた時のように声を出せと言っています。

舌根を下げるという行為は、歌う時にとても重要なことです。

舌根とは、舌の一番奥のことです。

大抵の人は、声を出すときに、舌根が上がってしまいます。

話すときは問題ないのですが、歌う時に舌根が上がってしまうと、声の通り道を塞いでしまいます。これでは、なかなか本来の声を出してあげることができません。

舌根が下がっているか、確認する簡単な方法があります。

鏡で口を開けて、のどちんこが見える状態なら舌根が下がっています。

イラストで見るとこんな感じ。

口を開けているイラスト

イラストのように、のどちんこが見えていれば、舌根が下がっています。

だいぶ逸れてしまいましたが、TAKUYA∞さんの歌い方も、舌根をしっかり下げて、声の音圧を稼いでいます。

独特な声の伸ばし方

特にロングトーンの時です。

同じ「ドーーーーーーーーーーーーーーーー」の音を、何回も歌いなおすような、ロングトーンです。

Youtube投稿されている動画で、解説していきます。

こちらは、「一滴の影響」という楽曲です。

注目してほしいのは語尾の伸ばし方です。歌詞は大人の事情で載せられないのですが、「ああああああ」や「いいいいいいい」と何度も歌いなおすような歌い方をしています。

この曲だけでなく、ほとんどの曲で、こういった歌い方をしています。

やり方はそこまで難しくないです。

言葉にすると、

「あーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー」と伸ばす音を、

「ああああああああああああああああああああああああ」にするイメージ。

これはやりすぎかもしれませんが、普通に伸ばす音をそのまま伸ばさないで、繰り返し「ああああ」と声を伸ばしてみましょう。

子音の明確な発音

他の歌手に比べてもめちゃくちゃ子音を意識しているのが分かるかと思います。

さ行を発音する時の歯列音(歯と歯で擦れるような音)もすごい聞こえますし、た行を発音する時の舌を上顎にくっつけて思いっきり離した時の破裂音もかなり聞こえます。

日本人ってあまり子音を意識しないのですが、それだと滑舌が悪くなってしまうんですよね。

TAKUYA∞さんの場合は子音と母音をちゃんと切り分けて発音するようにしているのだと思います。

子音と母音の切り分けができていると滑舌良く聞こえるので、滑舌に自信がない人は音を切り分けてTAKUYA∞さんのように発音すると良いです。

音域

一滴の影響という曲での音域は「mid2C~hiC」です。

ぶっちゃけかなり高いですね。男性が歌うとなると高音が厳しいと思います

カラオケなどで歌う時には4つくらい下げて歌うと良いかもしれません。

UVERworldの曲って結構難しいものが多いです。曲自体のリズムも独特なものが多いですし、何より大体のサビで高音域を連発する必要があるんですよね。

たとえTAKUYA∞さんくらいの高音を使いこなせたとしても、高音を連発して1曲歌いきるのはかなりハードです。

1曲歌い切りたいのであればTAKUYA∞さんの歌い方をひたすら真似するのが一番の近道かなと思います。

おそらく高音を連発しても疲れないような発声をしているはずなので、ライブ映像を聞きながら真似するだけでもかなりの練習効果があるはずです

まとめ

UVERworldのTAKUYA∞さんの分析記事を、書かせていただきました。

合わせて読みたいライブMCについての記事も以前に書いています。

もしUVERworldに興味を持った方は、こちらも見てください。

それではまた~

キャンドル
最新情報をチェックしよう!