「style」という文字

素人とプロの歌い方の違いはダサいかダサくないか

「style」という文字

自分の歌を録音した時に、プロの歌い方と比べて、下手すぎて絶望したことはありませんか?

私は何度もあります。

 

現在進行形で、自分の歌声を改善し続けていますが、プロの歌い方と比べていくうちに、分かったことが1つだけあります。

 

それは素人の歌い方は、ダサいということです。

 

ダサいとはどういうことなのかを、まとめていきたいと思います。

 

 

 

歌い方がダサいとは?

 

考える男性

 

私が自分の歌声を録音し続けて分かった、ダサい歌い方を下記にまとめてみます。

  • 音程を合わせることに集中しすぎて、歌詞が疎かになっている
  • 歌詞が聴き手に伝わらない
  • 発音が曖昧
  • 歌詞の意味を理解していない

 

4つ挙げてみました。

全て違うことを挙げているようにみえますが、4つすべてに共通するのは、聴き手に歌詞が伝わらないということです。

 

高い声の出し方ですとか、安定した声の出し方などは、追々付いてくる技術です。

 

歌う時にまずやらなければいけないのは、どのようにすれば聴き手に伝わるのかを考えることです。

 

過去の私を振り返ると、発音が曖昧だったり、言葉を変なところで区切ってしまったりしていました。

 

当然ですが、言葉を途中で区切ってしまえば、文章として成り立たなくなってしまいます。

 

究極的に言えば、歌は朗読です。

まず歌詞をしっかりと読めるようにならなければなりません。

 

歌詞を朗読できるようになってから、音程をつける練習を始めればよいのです。

 

私は長年ボイストレーニングばかりしていて、歌詞を読むという観点が欠如していました。

 

 

とにかくプロの歌声と比較し続けることが重要

 

「important announcement」

 

歌詞をしっかりと朗読できるようになったら、ひたすら録音して、プロの歌声と比較しましょう。

私も色々な方法を試しましたが、自分の声とプロの声を比較するのが、一番問題点を洗い出せます。

 

比較するときは、以下に注意すると良いです。

  • 声を響かせる位置(鼻・口・喉など)
  • 発音の仕方
  • 口の開き方

 

3つの注意点について、軽く説明しておきます。

 

声を響かせる位置とは、どれだけ鼻にかけるのか、もしくは喉を開いて太い声にするのかなどです。

声を当てる位置を変えるだけで、声質はかなり変わります。

 

また、発音や口の開き方は歌手によって異なることが多いです。

 

私はたくさんの歌手をコピーしてきました。

 

ですが、発音は人によって様々です。

 

口を大きく開けて発音する人もいれば、自然な口の開き方で、発音する人もいます。

 

また、詳しくは触れませんが、言葉には子音母音があります。

同じ「あ」という発音でも、「え」に近い「あ」を発音するような歌手もいます。

 

上記は、ほんの一例ですが、色々な歌手を分析してみると面白いと思います。

「style」という文字
最新情報をチェックしよう!