湖畔に佇む人

職歴が多い方が深みのある人生送ってる気がする

どうも、きゃわ@icosoyamaです。

私はこれまでに、大学を卒業してから、2つの会社に勤めたことがあります。

 

1社目は、割と大きめのIT企業です。

そして2社目は、警備会社です。

 

どちらの会社が良かったというわけではありませんが、2社目の警備会社では、とても良い経験をさせていただきました。

 

 

 

職歴の多い人は面白い

 

椅子に座っている男性

 

1社目の、大学卒業後に入社したIT系の会社は、中途採用者はあまりいませんでした。

 

働いている人のほとんどが、新卒から働いている人や、フリーでSEとして契約している人たちでした。

 

働いている先輩や上司は、みんな家庭を持っている人が多く、絵にかいたような「普通のサラリーマン」という人が多かったです。

 

先輩や上司は、みんな真面目で仕事にもしっかり取り組む人ばかりでした。

私は1年半ほどで退職してしまいますが、初めての会社で、社会人としての色々な基礎を学ぶことができました。

 

その後、2社目の警備会社に入社しました。

警備業界は全体的に、中途採用者が多いです。

 

就職市場では、不人気な業界なので、中途採用者が多いのは仕方がないのです。

 

私の入社した警備会社も、半分くらいが中途採用者でした。

24歳の時に転職したのですが、中途採用者だからといって、特に線引きされることもありませんでした。

 

警備会社には様々な人がいました。

大企業を退職して警備員になった人や、4~5回転職を繰り返した後に、警備員として落ち着いている人など、色々な人がいました。

 

かなり個性的な人が多く、仕事では毎日何かしら事件が起きていました。

 

事件といっても、仕事でのミスが頻発していたわけではありません。

 

仕事に対する考え方や、やり方が人それぞれ違うのです。

もちろん人によって、少しやり方が違うことはあります。

ですが、少しというレベルではないんですよね。

 

業務の最終目的は全員同じなのですが、それぞれが全く違うルートを使って、ゴールにたどり着くんですよね。

 

正直私は、「こんなんで仕事として成り立つのか・・・?」と思っていました。

ですが、意外と何とかなるものです。

 

1つ目の会社とのギャップに、初めは驚きを隠せませんでしたが、各々が個人プレーをする仕事の仕方もあるのだと思いました。

 

 

仕事のミスに寛容

誰しも仕事でミスしたことは、あると思います。

人間の行う作業なので、必ずミスは付きものです。

 

1社目の会社では、ミスをするとかなり怒られました。

仕事のミスは、会社の利益に直接繋がるものもありますので、当たり前のことだと思っていました。

 

ですが2社目の会社では、ミスに非常に寛容な職場でした。

正直ミスに寛容な職場というのが、良い職場かは分かりません。

しかし、職場の先輩方は人がミスすることに慣れていて、結構笑って済ませてしまうことが多かったのです。

 

私の個人的な見解になりますが、職歴が多いと色々なことを経験しているので、誰かがミスしたくらいでは、皆さん動じないんですよね。

 

「仕事ではミスをしないのが当たり前」という認識ではなく、「人間なのだからミスをするのが当たり前」という認識の人が多かったです。

 

 

 

色々な視点で自分を見つめなおすことが大切

 

考える男性

 

2つの会社を経験することで、色々なことを学ぶことができました。

同時に、1つの視点に縛られることは、とても危険なことだと感じました。

 

皆さんの職場にも、融通の利かない上司や先輩が周りにいるかもしれません。

融通の利かない人というのは、他の世界を知らないのです。

 

職場では、融通の利かない人たちとも関りを持たなければなりませんが、「この人たちは視野が狭いなぁ」と、心の中で思ってやりましょう。

せっかく生きていくのならば、広い世界を知っている人間になりたいですよね。

湖畔に佇む人
最新情報をチェックしよう!