乾杯

【どうしても行きたくない】飲み会当日に行きたくなくなったら【断り方】

どうも、きゃわ@icosoyamaです。社会人6年目です。

社会人になると会社の飲み会って定期的にあると思うのですが、どうしも当日キャンセルしたいなぁって思う時がありますよね。基本的に飲み会の当日キャンセルはやめた方が良いのですが、どうしても飲み会をキャンセルしたい場合はそれなりの理由が必要になります。

また飲み会の当日キャンセルは確実にキャンセル料が発生すると思いますので、そこは覚悟しておいた方が良いです。

飲み会を当日に断るにはそれなりの理由を用意する必要があります

インタビューを受ける人

飲み会を当日キャンセルするということは、一度行くと言った自分の発言を取り消すということです。自分の発言を取り消すには、それなりの理由がいるのです。

例えば友人同士の飲み会であれば「ちょっと今日飲み会行けなくなったわ」くらいで良いかもしれませんが、会社の飲み会で上記の理由は通用しないです。

当たり前ですが会社の飲み会の場合は仕事の延長みたいなところがあります。飲み会は基本自由参加ではありますが、一度飲み会に行くと言った以上はその責任を果たさなくてはいけないのです。

飲み会を当日キャンセルする場合は上記を理解したうえで、飲み会をキャンセルするという気持ちを忘れないで持っていて下さい。

当日キャンセルに一番有効な理由は体調不良しかないです

飲み会を断る理由はいくつかあると思うのですが、飲み会を当日キャンセルする理由は体調不良以外にはないと思います。

変に親が倒れたとかいう大きな嘘を言ってしまうと、後々辻褄が合わなくなってしまう可能性があるので注意しましょう。

よって飲み会の当日キャンセルに一番有効な理由は体調不良なのです。

ちなみに普通に飲み会を断る場合の記事も書いていますので、今後の参考にしてみて下さい。

下手に家族や友人を巻き込んだ理由はやめた方が良いです

先ほども少し触れましたが下手に家族や友人を巻き込むと、理由によっては大事になってしまいますので飲み会を当日キャンセルする理由は、自分で完結するような理由にしましょう。

家族が事故にあったとかの理由で飲み会を断ることも可能ですが、社員の身内が事故にあったとなると会社としても事実確認する必要が出てくると思うので、こんなことなら飲み会に行っておけば良かったという事態になりかねないので注意しましょう。

他人を巻き込むと後々辻褄が合わなくなる可能性があります

自分だけに嘘をつくのであれば全く問題ないのです。ですが自分の嘘に他人を巻き込んでしまうと、他人にも迷惑をかけてしまいますし、嘘がバレたときに自分の評価が著しく下がる可能性があります。

それに引き換え自分だけに嘘をつくのであれば、被害を受けるのは自分だけですし辻褄を合わせやすいですよね。

例えば体調不良で飲み会をキャンセルするのであれば、その日はとにかく体調が悪い振りをしてれば良い訳です。ですが家族の体調が悪いから今日の飲み会を欠席したいとかの理由だと、嘘がバレる可能性は低いですが、会社の誰かが自分の家族と面識があると最悪嘘がバレる可能性がありますよね。

自分の家族に会社の誰かがたまたま連絡でも取っていたら嘘だとバレてしまう訳です。

ですので他人を巻き込んだ嘘は使わない方が賢明です。

飲み会に行きたくない気持ちは分かるが、当日キャンセルは基本やめた方が良いです

両手でバツ印をする女性

ここまで飲み会の当日の断り方を説明しておきながら言うのも変なのですが、基本的に飲み会の当日キャンセルは迷惑しか掛からないのでやめた方が良いのです。

飲み会の幹事を経験したことのある人であれば分かると思うのですが、当日キャンセルってマジで面倒ですからね。店に電話しないといけないし、おそらくキャンセル料も掛かります。

飲み会に行きたくなくなってしまった気持ちは仕方ないと思うのですが、自分で飲み会に行くと言ってしまったのですから、その発言には極力責任は取るべきです。

ですので飲み会の当日キャンセルは最終手段だと思って頂きたいのです。

飲み会の幹事に多大な迷惑が掛かります

先程も言いましたが飲み会の幹事にはめちゃくちゃ迷惑が掛かります。

しかも当日キャンセルということは、朝出勤してきて飲み会に不参加の旨を幹事に伝えるということですから、昼休憩などにおそらく店に連絡しなければいけないんですよね。

仕事中に仕事以外の雑務ってめちゃくちゃめんどくさいですよ。そもそも飲み会の幹事ですら面倒なのに、当日キャンセル者が出てしまっては幹事として面倒な雑務もやらざるを得ないのです。

飲み会の当日キャンセルはイレギュラーだと自覚して行動しましょう

最後になりますが飲み会の当日キャンセルは元々決まっていた客先の打ち合わせに当日キャンセルするようなものなのです。

ちゃんと飲み会を企画してくれた人がいるのですから、飲み会に参加する場合は絶対に参加できるという確信を持ってから返答するようにした方が良いです。

奇しくも当日に飲み会をキャンセルする場合は、誠意をもって飲み会の幹事に謝罪し今後は当日キャンセルがないように行動していくことが重要です。

乾杯
最新情報をチェックしよう!