ビーチで椅子に座る人

孤独に生きてた方が楽しんじゃないかな

どうも、きゃわ@icosoyamaです。

人間関係ってとても面倒ですよね。

 

生きていくには、人間関係は切り離せない問題です。

 

学校でも職場でも、必ず人間関係は存在します。

 

私はずっと思っていたのですが、最低限の人間関係だけ築き、孤独に生きていた方がずっと幸せではないでしょうか。

 

 

 

孤独になると思考時間が増える

 

書いている

 

私は学生の頃からあまり社交的な子供ではありませんでした。

そのため、友達もそこまで多くはなかったです。

 

少人数のグループで、固まっているような学生時代でした。

 

ですが今思うと、少人数の気心の知れたグループで行動するのは楽しかったです。

 

小学校時代は、学校以外でも良く友達と遊んでいました。

しかし中学・高校・大学と上がるにつれて、次第に学校以外の場所で遊ぶことは少なくなりました。

 

元々内向的な性格だったというのも起因していますが、友達が少なくても、特段困ることはなかったのです。

 

大学生にもなると、ほとんど一人で行動していました。

そして、一人で行動していると思考時間がとてつもなく増えます。

 

次はどんな本を読もうかとか、新しい資格を取ってみようとか、色々なことを考えることができます。

 

 

煩わしい人間関係はできるだけ切ったほうが良い

私は人間関係が嫌いなわけではありません。

強いて言うならば、あまり他人を必要としない性分なのでしょう。

 

皆さんも一度は経験があるかと思いますが、どうしても自分と合わない人間というのは存在します。

職場や学校などで、どうしても関わらなければいけない場面もありますが、関わるだけでストレスになる人とは、出来るだけ関わらないようにするのが賢明です。

 

私が人間関係を切る時にいつも行っていることは、ひたすら無視することです。

 

業務上仕方なく話さなければいけない時以外は、すべて無視するのです。

 

何かちょっかいを出されたり、言われたりしても、存在を無視すると効果的です。

 

上記の方法を実践すれば、1週間くらいで大人しくなります。

 

人間関係は社会における一番のストレスです。

できるだけ最小の人間関係で、自分のストレスにならないようにしていきましょう。

ビーチで椅子に座る人
最新情報をチェックしよう!