ビーチでくつろぐ人

警備員にクズが多いは事実。当然普通に仕事ができる人もいます

どうも、きゃわ@icosoyamaです。

私は3年間施設警備員をしていた時期があります。当時施設警備員をしていて感じたのは、他の業界に比べて自分から動かない人が多すぎることです。

私は接客業や事務、IT業界などを経験してきましたがマジで動きたがらない人が多いのが警備業界の特徴ですね

もちろんちゃんと仕事をしている人たちもいます。ちゃんと仕事をしている人と、全く動こうとしない人の2極化しているイメージでしたね

上記について深堀していきたいと思います。

事案が起きても動かない人達

体調が悪い男性

警備業界に入って一番びっくりしたのは、事案が起きたときに全く動かない人が一定数いたことでしたね

例えば人が倒れていたりとか不審者が出たりしたら、警備員はすぐに現場に駆けつけて状況を確認する必要があります。

上記は警備の仕事でも緊急性の高いものなので、とにかくスピードが大事なのです。ですが上記のような事案が起きても全く動かない人がいるんですよね

救急対応や不審者対応は対応が難しいので行きたくない気持ちは分かるのですが、仕事なのですから嫌な気持ちを抑えて現場に行くのが普通です。

事案が起きたら一早く状況確認するのが警備員の仕事なのに誰かがやってくれるだろう精神の警備員達

警備業界って、とりあえず誰かがやってくれるだろう精神の人たちがマジで多いです

事案が起きたらとりあえず現場に行って状況確認する必要があるのですが、自分が行く必要ないだろ見たいな感じの人がめちゃくちゃ多いです。

警備員の仕事って確かに自分からアクションを起こすことってあまりないんですよね。受付にお客さんが来る、巡回中に道を聞かれるなど相手から何かアクションがないと、基本的に警備員からお客さんに声をかけることってあまりないんですよね。

私もそうでしたが、お客さんに対するコミュニケーション能力が乏しい人が結構多いです。ここで言っているコミュニケーション能力は別にコミュ障という意味ではなくて、お客さんに対する声かけの仕方とか電話が掛かってきたときの対応などです。

警備業界では割と言われたこと以外はやらない人が多く、なかなか自主的に動ける人っていないのです。言われたことだけをやっている人たちは、何か余計なことをして自分の責任になるのが怖いのかもしれませんね。

何か事案が起きるといつの間にかいなくなっている人達

個人的に一番むかついたのは、事案が起きたときにいつの間にか姿を消す人たちですね

例えばお店から不審者が出たので対応してくださいと電話が掛かってくると、電話の最中に内容を察して部屋からスーッと出ていく人がいるんですよね。

仕事に取り組む姿勢として、自分の仕事から逃げていてはいつまで経っても自分のできる仕事が増えませんので、個人的にはおすすめできないですね。

事案に上手く対応できなかったとしても、何事も経験だと思ってとりあえず現場に行く人の方が絶対に将来的に成長しますよね。真面目な話警備歴10年以上のベテランとかでも、スーッといなくなる人とかいるので、そういう人は見習わない方が良いです。

仕事をするほど損をする珍しい業界

過去に「警備員は階級制度です【サボる奴ほど得をする】」でも書いたのですが、他の業界に比べて警備業界はサボる奴ほど得をする業界だと私は思っています。

不審者対応などの事案が起きたときの対応ってベテランでも結構難しいんですよ。なぜかというと、事案対応には正解がないからです。ある程度不審者対応のマニュアルはありますが、必ずマニュアル通りにいくとは限りませんので対応経験の豊富な警備員の方が上手く対応できます。

ただ対応豊富な警備員でも事案対応は難しく、最悪クレームになってしまう事もあります。

警備員はクレームを受けてしまうと自分の評価に響くので、不審者対応を自分からしたがる警備員があまりいないのも事実なのです。不審者対応で正解に近い対応をしても、客からクレームを受けたらどうしても会社の評価は良くなりません。

なので上手いこと難しい対応をやらずに、着々とミスを犯さずに通常業務をこなした方が相対的に評価が高くなるんです。

あまり深くは触れませんが、施設警備員時代には仕事ができないのに管理職をやっている人がいたのも事実です。

警備員になったら自分の仕事を淡々とこなすのが良い

雑務をこなすイラスト

個人的に施設警備員を3年間して思ったことは、自分の仕事を淡々とこなした方が自分のメンタルが安定するし、会社の評価も高くなるということです

通常自分が暇で他の人が忙しそうにしていれば手伝うものですが、前半でも話した通り余計なことに首を突っ込まない方が得をするのが警備員の仕事なのです。

ドライな考えですが他人の仕事には首を突っ込まない方がいいです

仕事熱心な人からすると他人が困っていたら手伝うのが普通と思われるかもですが、警備業界では控えた方が良いかなと思います。

なぜかというと、警備業界で色々と仕事熱心な姿勢を見せてしまうと「あいつに任せておけば勝手に仕事をやってくれるから」というような、考えの人たちがかなりいるので仕事を押し付けられるようになってしまうからです。

ぶっちゃけ他人が困っていても首を突っ込まない方が身のためなのです。もちろん助けを求められれば、手伝わなくてはいけないかもしれませんが、自分から他人の仕事に首を突っ込むのは絶対に止めた方が良いです。

警備業界ではドライな考え方の方がストレスを溜めずに仕事をすることができます

誰も動かないから何でもかんでも自分で仕事をしようとするのは間違いです

私が施設警備員をしていた時に事案が起きても誰も動かないので、常に私が事案対応に行っていたんですよね。

最初は全く動かない人達を「どうしようもない奴らだな」と思いつつ事案対応をしていたのですが、そのうち自分が利用されているのではないかと思うようになってきたんですよね。

私が何でもかんでも事案が起きたときに対応するせいで、他の人の思考が「あいつがやってくれるから大丈夫だろ」となってしまっているのでしょう。

誰も動かないから自分の仕事では無いことをするのは間違いで、自分の仕事では無いのなら他人の仕事までカバーしてやる必要はないのです。

ドライな考えですが他人の仕事は他人の責任です。

自分の仕事を責任をもってやれば良いのです。他人の仕事など自分に責任はないのですから、無視してても良いのです。

ビーチでくつろぐ人
最新情報をチェックしよう!