考える男性

警備員にあまり良いイメージはないかもしれないけど特に気にする必要はない話

どうも、きゃわ@icosoyamaです。

私は過去に3年間施設警備員として働いていた時期があります。

警備員になる前はぶっちゃけ警備員に対してあまり良いイメージを持っていませんでした。

どちらかというと、偉そうにしてあまり仕事をしない悪いイメージを持っていたというのが本音です。

結論から言うと警備員は結構忙しいですし、イメージだけで警備員の仕事を判断するのは視野が狭すぎるかなと思っています。

上記について深堀していきますね。

警備員が悪いイメージを持たれている理由

無線をする警備員

私は警備員として働いていたのでわかりますが、警備員が悪いイメージを持たれやすいのは仕事内容上仕方のないことです

なぜかというと、警備員は一般客にルールを守らせなければいけないので、ルール違反をしている人には口頭で注意して違反行為を止めさせなければならず、何となく一般の人から見ると警備員はあまり良い存在ではないんですよね。

ぶっちゃけ警備員は邪魔者です。邪魔者ですがいなくてはならない存在なのです。

そもそも警備員の仕事に良いイメージを持てない

そんな邪魔者の警備員ですが、ルール違反をする一般客に対してはある程度強めの態度で注意する必要がある場面もあるのです。

上記のような場面を無関係の一般客が見たときに、警備員が偉そうに威張っていると思われてしまうと、どうしても警備員に良いイメージを持ってくれないのです。

警備員の仕事の特性上、偉そうだとか警備員が大声で威圧しているなどと思われるのは仕方がないのです。

人の嫌がることをやるのが警備員の仕事である

普通の人であれば不審者の対応ですとか、一般客に注意とかしたくないですよね。

注意して素直に聞いてくれるお客さんであれば良いですが、警備員に注意されたことで逆ギレする人もかなりいるので、普通の人はやりたがらない仕事です。

ですが普通の人がやりたがらない仕事が、警備員の仕事なのです。

普通の人がやりたがらない仕事を生業としているのが警備員なのです。

警備員の仕事は必要とされているが感謝されることは圧倒的に少ない

警備員の仕事は絶対に必要です。

警備員が居なければ不審者がいる時に迅速に対応できませんし、傷病者が発生した時に適切な応急処置をする事ができません。

確実に必要とされている仕事ではあるものの、感謝されることはめちゃくちゃ少ないのです。

全く警備員の業務内容を知らない人からすれば、ぼーっと突っ立っているだけですとかただ散歩しているだけみたいな印象なのだと思います。

道案内をしてもお礼を言ってくれる人は半々くらいですしね。

世間的には良いイメージがないのに、一般客は都合の良い時だけ警備員を利用する訳です。目的地までの行き方が分からないから普段は嫌いな警備員だけど、とりあえず道を尋ねる訳です。

上記のようなお客さんはちゃんとした対応をしたとしても、そこまで感謝してくれません。元々警備員に良いイメージがないとどうしても感謝されにくいのです。

警備員として働く場合、別に世間のイメージを気にする必要はない

ただ警備員として実際に働く場合は、普通に業務をこなせば良いです。

初めて警備員になると何か起きたら自分が対応しなくてはならないと、何時も緊張してしまうかもしれませんが、事案は一日に何回も起こるものでは無いので、淡々と業務をこなせば良いです。

もちろん警備員に高圧的な態度をとってくる客もいると思いますが、過剰に丁寧に対応する必要も特にないです。あくまで普通に接客してやれば良いのです。

こちらから喧嘩を売る必要もありませんし、過剰に媚びへつらう必要もありません。

警備員なんてただの仕事なのですから、高圧的な客に出くわしてもただの仕事だと思って淡々と業務をこなすようにしましょう。

考える男性
最新情報をチェックしよう!