警備員で年収400万くらいは可能だという話

私は3年間、施設警備員として働いていた経験があります。

もし年収が不安で、警備員になることを躊躇している方がいれば、この記事を参考にしていただければと思います。

3年働いて、年収400万前後でした

警戒する警備員

単刀直入に言いますが、3年働いて年収は400万前後でした。

さすがに証拠を見せろ!、と言われると証拠はないので証明できませんが、事実として年収400万くらいなら達成できます。

もちろん残業代込みで、400万です

最初に言っておきますが、基本給のみで年収400万は不可能です。

大手警備会社でも、基本給+賞与があったとしても、年収400万は厳しいでしょう。 現役警備員の方はご存知だと思いますが、警備員の基本給はとても低いです。 おそらく、基本給20万もいかないところもあります。 基本給+警務手当などで、ようやく20万に届くか届かないか、というところだと思います。

そのため、毎月残業がないと、手取りが15万くらいになります。

実家暮らしで15万なら十分かもしれませんが、一人暮らしで15万だと、かなり厳しいです。 基本給が低いため、残業代で稼ぐしかないのです。

残業がない現場は恐らく無い

警備員になって稼ぎたければ、残業をするしかないという話をしました。 ですが、残業がない現場に配置されたら残業はできません。

でも安心してください。 おそらくそんな現場はありません。 警備業界は、とても人の出入りが激しいです。 そのため、どの現場も慢性的な人手不足です。

人手が足りている現場は、ほとんど無いでしょう。

ですがポジティブにとらえてください。 人がいないから稼げるのです。

もちろん会社としても、無理な勤務を強要するようなところはほとんど無いでしょう。 私が勤務していた時も、かなり厳しい残業時間でしたが、本当に無理なら調整してもらうことができました。

ちなみに私の警備員時代の残業時間は、大体80時間前後でした。

今後は変わるであろう警備業界

「important announcement」

2019年4月の働き方改革により、大手企業には残業の上限が義務付けられました。 この制度により、警備業界も本格的に変わってゆくと思います。

今までやってきた無茶な残業はできなくなります。

私はこの制度の始まる前に退職したので、4月から残業が減ったのかどうかは分かりません。 ですが、警備員時代の同僚によると、4月からベースアップが行われ、基本給の見直しが行われたそうです。

残業の上限で何としても人を集める必要がある

今後警備業界だけでなく、色々な企業が積極的に、人材獲得に動かなくてはなりません。 警備業界は、他の業界に比べて、とても基本給が低いです。 今までは残業代で稼げたので、警備業界を、就職活動の候補に入れていた人もいるかもしれません。 ですが、低い基本給で残業もできない。

となると、人材の確保はかなり厳しくなるでしょう。

基本給が上がって残業は減るのが理想

人が集まらないと、会社としても成り立たなくなってしまうので、基本給の底上げはどの警備会社も行うはずです。 どの程度上がるかまでは予測できませんが、今まで不人気職だった警備職が、一気に人気職に、なんてこともあるかもしれません。

最初にも言ったように、警備業界は慢性的な人手不足です。 そのため、常時求人が出ている状態です。 求人が出ているということは、少なからず需要はあります。

警備業界への就職を考えている方は、基本給の底上げを見てから決めるのがベターかもしれません。

最新情報をチェックしよう!