重要な知らせ

極論を言うと働く意味なんてない件【働かずに稼ぐ】

どうも、現在28歳でフリーターのきゃわ@icosoyamaです。

元々大学卒業後は正社員として働いていたのですが、会社での働き方に疑問感じ、現在フリーターとして週20時間くらい働いています。

皆さんは会社で働いていて違和感を感じたことってないですかね。例えば夜遅くまで残業して毎日終電で帰宅しているとか、会社の上司に怒られすぎて毎日が憂鬱に思ったことはありませんか?

上記のようなことが続くと、働く意味って何なんだろうと思ってしまいますよね。

おそらく頑張って働かなくてもほとんどの人は生きていける件

空

行きたくもない会社に無理していくとか、胃が痛いのを我慢して仕事を続けなくても、個人的にほとんどの人は生きていけると思っています。

過去の私は大学を卒業したら正社員になって働かなければいけない、と強迫観念みたいなものに駆られていたのですが、今思うと思考停止で非常に愚かだったと思っています。

そもそも会社で働く意味ってほとんどの人が生活していくためですよね。もちろんその他にも理由はあると思いますが、まずは自分の生活基盤を安定させる必要があるので、お金を稼ぐために働くというのは全員に共通することだと思います。

では、生きていくために必要なお金ってちゃんと計算していますかね。

大卒後の正社員の給与って大体20万~24万くらいだと思うのですが、ぶっちゃけ生きていくために20万も必要ないと思うのです。

月20万も必要ないです

上記が完全に私の結論なのですが、生きるために月20万も絶対いらないですよね。

おそらくですが固定費を最大限削っていけば、月5万でも生活できるはずです。税金関係2万、食費2万、その他1万とかでやっていけると思うのです。

私は大学から東京に出てきて、そのまま東京で就職したのですが、給料が手取りで22万~27万くらいでして、家賃7万くらいのところに住んでいたのですが、今思うとめちゃくちゃお金を無駄にしていたなと思います。

固定費7万ってぶっちゃけかなりアホだと思うのですが、当時はこのアホな現実が全く見えていなかったのです。

固定費が月7万ですから、年に84万、そして6年間同じ部屋に住んでいたので、84×6=504万も無駄にしていたんですよね。500万もあったらやりたいことがほとんどできます。マジで無駄な出費でした。

出費も馬鹿にならないのですが、月7万も固定費があると、単純に7万以上稼がなくてはいけないんですよね。おそらく家賃2万くらいのところに住めれば、家賃2万+生活費5万で月7万で普通に生活していけると思うのです。

となると、そもそも月に20万も稼ぐ必要なんてないと思いませんか?

一生懸命働いてめちゃくちゃ消耗して月20万稼ぐよりも、楽しい仕事だけをして月に5万とか7万くらい稼ぐ方が遥かに幸せだと思うのです。

親のすねはかじれるときにかじっておくべきです

二十歳になったら自立しなければいけないとか、大人になったら実家から出なければいけないという世間の風潮もあると思いますが、ぶっちゃけこれらは全て無視でOKです。

よそはよそうちはうちの理論で、別に親が生活の面倒を見てくれるのであれば、甘えてしまえば良いと思うんですよね。

甘えるというのは、ニートになれという訳ではなくて、実家に帰って家事全般をやってもらいつつ、自分は稼ぎたい金額だけ仕事をするとかですね。

今の私が完全に上記の状態なのですが、ぶっちゃけかなり幸せです。一人暮らしをしていた時は、毎日頭痛や気分が落ち込んでいたのですが、今はとても前向きに生活していけています。

また時間に余裕ができるようになると、自分の好きなことにハマれるんですよね。今私は施設警備のアルバイトとブログと、YouTubeにハマっています。生活費は全て施設警備のアルバイトで稼げているので、残りの余った時間を全てブログとYouTubeに充てています。

上記のような状況は、他の人から見ると完全に甘えているように見えるかもですが、別に全然気にしませんからね。というより、自分で色々考えて行動した結果、今の状況に落ち着いているので、むしろ今の生活が正解だと個人的には思っています。

固定費を削ることで割と幸せになれる件

楽しむ男性のイラスト

固定費については少し触れましたが、もう少し深堀していくと、固定費を削ることは生きる上でめちゃくちゃ大切なことです。

先程家賃7万の部屋に住んでいると、それだけで損をするという話をしましたが、固定費を削るだけでお金を稼ぐ額が相対的に減るのが、固定費を削る一番のメリットです。

家賃2万の部屋に住んでいる人と家賃7万の部屋に住んでいる人では、月に稼がなくてはいけないお金の額が全く違いますよね。仮に生活費が5万だとすると、家賃2万の人は月に7万稼げばよいのですが、家賃7万の人は月に12万も稼がなくてはいけないのです。

時給1000円のアルバイトで考えると、月7万稼ぐには週3×6時間くらい働けば良いのに対し、月12万稼ぐには週5×6時間も働かなければならないんですよ。働く時間が相対的に減るということは、その分空いた時間を別の事に使えるということです。

例えば私のようにアルバイト以外の時間をブログなどの副業に充てることで、収入を2ヶ所から得ることもできますよね。

働かなくて良いってめちゃくちゃ良くないですかね。固定費を削るだけで、無駄に稼ぐ必要がなくなるのです。

実家が最強。家賃に月5万以上はコスパが悪すぎる

固定費が一番掛からない所って、実家ですよね。おそらくほとんどの人は実家に帰ることも可能だと思います。

ですが、過去の私のようになぜか実家に帰らずに高い家賃を払って、一人暮らししている人もいる訳です。

個人的に生活費が毎月5万だとして、家賃が5万以上かかると、流石にコスパが悪いのではないかと思います。家賃が5万以上だと、生活費+家賃で10万以上稼がなくてはいけなくなりますからね。

10万以上稼ぐとなると週4とか週5で仕事をしなくてはいけなくなるので、おそらく結構大変です。

ですが実家に住んでしまえば、家賃は掛からないし上手い飯も出てくるし、ぶっちゃけ最高の環境ですよね。

過去の自分に一番言いたいことがあるのですが、仕事がつらいのであれば、お金を稼がなくてもいい環境を作って、とっとと競争から降りちまえと、言いたいですね。

おそらくほとんどの人は頑張って働く意味がないです

ここまで読んでいただいた方は気付くかもしれないのですが、おそらくほとんどの人は実家に帰って生活できると思うので、そこまで頑張んなくても良いんですよね。

ただ一度ドロップアウトしたら終わりだとか、就職できなくなるとかいう謎の価値観によって、自分を動けなくしてしまうんですよね。

よく分からない価値観に囚われるよりも、自分で考えて行動した方が絶対に良いですよね。自分の人生をよく分からない価値観に当てはめてしまうのって、自分の人生をどぶに捨てているのと同じことじゃないですかね。

環境さえ整えてしまえば、意外と楽かつ楽しく生活できるのです。

あ、最後になりますが関連記事として以下も参考になると思いますのでどうぞ。
働く意味は働かないと見出せない件

重要な知らせ
最新情報をチェックしよう!