水辺に座り込む人

第二新卒で無職になってもいいんじゃないかという話

どうも、きゃわ@icosoyamaです。

私は過去に新卒で入った会社を1年半で辞めて半年くらいニートをしていたことがあります。ぶっちゃけニートをしていた頃は「このままだとやばいな・・・」と思いつつ、新卒で入った会社がブラックで体を壊しなかなか復帰できなかったんですよね。

あれから4年くらい経ち、当時は仕事をしていないことを結構悩んでいたのですが、今思うとそこまで悩む必要はなかったと思っています。

第二新卒で無職になるのには何かしら原因があるはずです

考える男性

例えば新卒で入った会社が自分に合わなくてすぐに転職するというのは、割と良くあることだと思うのです。

ですが新卒入社後に辞めて無職になるというのは何かしら仕事ができない原因があると思うのです。

もし第二新卒で無職になってしまったのであれば、まずは仕事ができなくなった原因を探すところから始めた方が良いです。原因が分からないままだと次の仕事を見つけても結局またすぐに辞めてしまう可能性がありますからね。

まずは自分の問題を片付けるところから始めましょう

仕事ができなくなってしまった原因というと例えば以下のようなものが考えられるでしょうか。

  • 体を酷使しすぎた
  • メンタルが復調しない
  • 人とコミュニケーションを取るのが怖い

人によって仕事ができなくなってしまった原因は色々あるかと思うのですが、例えば体を酷使しすぎたのであれば2ヶ月くらい休めば良いですよね。また新卒で入った会社でメンタルをやられてしまったのであれば、症状があまりにも酷ければ病院に行くべきですし完全に自分の心の問題であれば、以前とは全く別の仕事をやってみるのもありですよね。

ぶっちゃけ解決策はその人にしか分からないので、まずは自分の問題を明らかにして解決策を探るところから始めてみましょう。

自分の問題がクリアできないと仕事なんてできません

仕事ってきついですよね?

仕事がきついのは当たり前です。みんなきついのです。

なのでまずは自分が完璧な状態じゃないと仕事なんてできないんですよ。無理して仕事を続ける必要は全くなくて、自分の体や心を最優先に考えて欲しいのです。

無職期間は充電期間なので好きなことをやったら良いです

また無職期間の過ごし方として「周りは働いているのに自分は何をしているんだろう」みたいに、ネガティブになる必要はないです。

無職期間は自分のための充電期間なのですから、もっとポジティブに考えれば良いと思うのです。

例えば働いていた時にはできなかったことをやったり、学生時代からの趣味などにひたすら時間を費やしたりするのも良いですよね。

とにかく自分の体を完全回復させ、自分の心を不安のない状態に戻して欲しいのです。

1年でも2年でも休めば良いです。充電が終わったら行動しまくりましょう

ビーチでくつろぐ人

個人的に無職期間は自分の体や心が完全復活するまで休んだ方が良いと思います。

若いうちは1~2年間くらい空白期間があっても問題ないです。そもそも人が少なくなってきている日本で若い労働力を確保しない理由はないですからね。

ただ休みすぎると体と心は復活しているのに今までのぬるい生活が心地良くて、なかなか社会復帰できない人もいるかもですが、無職でいる時は必ずなぜ今自分が無職でいるのかを常に把握するようにしましょう。

常に自分がなぜ無職でいるのかを把握しておけば腐ることはないと思うのです。

無職期間はあくまで充電期間であり、だらける時間ではないのです。

そして充電期間が終わったらとりあえず行動してみれば良いと思います。

行動とは要するにお金を稼ぐということです。就職して正社員になっても良いですし、徐々に体を慣らすためにアルバイトとかでも良いと思いますよ。

一番重要なのは無理しないことです。仕事で体を壊すとかバカバカしいですからね。

若いうちにしか失敗はできないです。自分の思うようにやって思いっきり失敗したら良いです

私は現在28歳なのですが色々と挑戦するにはラストチャンスかなと思っています。私は性格的に会社員自体合っていないので、20代前半とかにもっと自分で行動しておけば良かったと少しだけ後悔しています。

今の私の目標は生活費をアルバイトなどの労働でカバーしつつ、ブログでの収益化を目指すというものです。

上記のような茨の道にわざわざ進む必要もないですが、自分で考えた道に進んでみると自分で人生を決めているので結構面白いんですよ。

もちろんその結果生活できなくなっても自己責任なのですが、私個人としては社会のレールの沿った人生よりも自分で切り開く方が好きなんですよね。

もしみなさんの中にやってみたいことや良いアイデアがあれば、愚直に実行したら良いと思います。年を取るとなかなか自由に動きづらくなります。若いうちであれば、周りも大らかな目で見てくれて失敗しても変な目で見られないのでどんどん行動すべきなのです。

水辺に座り込む人
最新情報をチェックしよう!