「いいね」マークと、「ダメ」マーク

【歌い方講座】歌が下手なのは声質が悪いのが原因ではなかった話

「いいね」マークと、「ダメ」マーク

どうも、きゃわ@icosoyamaです。

 

私は学生時代から、歌うことに夢中になりました。

それから、約10年ほどボイストレーニングや歌の研究を続けています。

 

紆余曲折ありましたが、最近やっと自分の理想とする声質に近づけている気がします。

 

私のように遠回りする人を出さないためにも、これまで行ってきた練習法などをまとめていきます。

 

 

 

自分の声を理解しよう

 

考える男性

 

まずは、自分の声を理解しましょう。

地声が強いのか、裏声が強いのか、息が多めに流れているのか、全く息が流れていないのかなど、色々な点から分析してみましょう。

 

私の場合、裏声が強く、とても息っぽい発声をしていました。

 

私は自分の声がとても嫌いでした。

なぜなら、私の理想とするボーカルの声は、芯があって、どの楽器にも負けないような、強い声だったからです。

 

それ故に、色々と遠回りをしてしまいました。

 

私が10年ボイストレーニングをして確信したことが1つあります。

それは、元々の声質は絶対に変えられないということです。

 

元々裏声寄りの声質の人が、地声中心に歌うのは、とても難しいのです。

 

勘違いして頂きたくないのが、地声を鍛えることは可能です。

ですが、元々地声の強い人が地声を鍛えるのと、裏声の強い人が地声を鍛えるのでは、結果的に元々地声の強い人の方が、より強い地声を出せるのです。

 

 

 

無理な発声よりも自分の声に合った発声をするべき

自分の声質を変えるのに限界を感じた私は、逆に自分の声を活かすことにしました。

結論から言うと、元々の自分の声質を活かすという発想は、とても素晴らしいものでした。

 

それまでの私は、地声の強い歌手に憧れていました。

ワンオクのTakaさんや玉置浩二さんなど、色々な歌手のコピーをしてきました。

 

私は自分に無いものを持っている彼らに憧れを抱いていました。

ですが、歌手の中には裏声の綺麗な人達もいるのです。

さらに細かく分けると、地声と裏声が綺麗に混ざっている人や、地声が強いが裏声も少しだけ混ざっている人など、様々です。

 

みんな自分の声を活かして歌っているのだと、初めて気づきました。

 

 

強い声は、地声が強くなくても作れる

それから私は、自分の声を活かした歌い方をするようになりました。

自分の声を活かすために実践したことを、以下にまとめてみます。

  • 無理に地声を出さない(少しだけ混ぜるイメージ)
  • 裏声主体の発声にする
  • 言葉を話すように発音する

 

初めに改善したのは、地声を抑えることです。

今まで無理に出していた地声を、極力抑えることにしました。

地声を抑えたので、その分裏声を出すようにしました。

 

特別なことは何もしていません。

声の出し方を少し変えるだけで、今までとは全く違う声質に変わったのです。

 

無理に地声を出していた時は、とても苦しそうに聴こえていました。

ですが、裏声主体に切り替えることで、とても伸びのある声に変ったのです。

 

2つ目に改善したのは、発音の仕方です。

それまで、地声中心の発声だったので、言葉を区切るように、明瞭に発音していました。

その方が、地声の強さを活かせると思ったからです。

 

ですが裏声中心の発声に切り替えるにあたって、より丁寧に発音するようにしました。

丁寧に発音した方が、より裏声の発声を活かせるからです。

 

 

人は人、自分は自分

自分の声を理解するのに、10年もかかってしまいました。

10年もかかってしまったのは、人と比べすぎてしまったのが原因だと思っています。

 

人より勉強ができる人もいれば、スポーツができる人もいます。

人によって、得意不得意分野はそれぞれあります。

 

歌においても、自分が自然に出せる声、絶対に出せない声があります。

 

簡単なことに気づくのに、私はかなり時間を費やしてしまいました。

ですが、最後には自分の声の活かし方に気付くことができました。

この経験は無駄だったとは思いません。

 

皆さんには、無駄な時間を過ごさないためにも、私を反面教師にして、頑張っていただきたいです。

「いいね」マークと、「ダメ」マーク
最新情報をチェックしよう!