歌う男性

うるさい場所で声が通りにくい人のたった1つの改善策

歌う男性

飲食店などで、店員さんに声をかけても、気づいてもらえなかった経験はありませんか?

 

私は元々声が小さいし、通りにくかったので、半ば諦めかけていました。

 

ですがボイストレーニングしていく過程で、通る声を出すことができました。

今回は、声の通りにくい人が、簡単に通る声を作れる方法を紹介していきます。

 

 

 

通る声=響く声

声が通らない原因は、相手に声が届くまでに、かき消されてしまっているのです。

うるさい場所でも、かき消されないような声を出せるようにしていきましょう。

 

声を響かせるポイントはたった1つです。

声を顔の前で響かせること、これだけです。

 

口の前や鼻の辺りで、声を前に出すような感覚です。

 

ついつい喉に意識がいってしまいますが、声を響かせることが重要です。

 

普段の会話の時から、声を響かせる練習をして、感覚を身につけましょう。

 

 

喉で強い声を出すのは止めよう

上記の通り、通る声を出すためには、声を響かせることが重要です。

 

声の響きは、顔の前面を共鳴させてつくるものです。

  

間違っても、喉に負担をかけて、声を大きくするようなことはしないようにしましょう。

 

以下のような声の出し方は、喉に負担をかけますので注意してください。

  • 喉をきつく締めて声を出す
  • 喉の周りに筋肉である、首や肩などにも力が入った状態で声を出す

 

喉に力を入れないと声は出ませんが、最低限の力で問題ありません。

不必要に、喉に力を入れるのは、負担をかけますので注意しましょう。

歌う男性
最新情報をチェックしよう!