歌う女性

カラオケで声量がありすぎる人は注意しましょう

どうも、きゃわ@icosoyamaです。歌のトレーニングを独学で10年以上続けています。

突然ですがカラオケに行った時に、とりあえず大きな声を出していませんか?

歌う時に大きな声で歌うことは、重要です。 そもそも小さい声では、何を言っているのか聴こえないからです。

ですが、あまりにも大きい声だと、聴いている方も不快になります。

過去に私も、大きな声を出しすぎていたことがありました。

今回は、声量についての注意事項をまとめていきます。

無理に大きな声を出す必要はない

歌う男性

カラオケで、無理に大きな声で歌う必要はありません。

マイクがあるので、よほど小さい声でなければ、しっかりと声を拾ってくれます。 元々声量のある人は、マイクを口から話して歌うと良いでしょう。

補足ですが、カラオケ用のマイクの場合、口とマイクの距離は、大体拳1個分くらいです。

歌う時の息の量は、話す時と変わらない

大きな声を出す時に、息をたくさん吐くのは間違いです。 プロの歌手であれば、歌う時と話す時の息の量は、ほとんど変わらないと言われています。普段話している時の息の量を意識して歌ってみましょう。

歌う時に、あまりにも息の量が多くなってしまう人は、あまり良い発声とは言えないでしょう。

声量よりも響きが大切

声量とは、息の量ではありません。

たくさん息を吐いたとしても、全てが声に変わるわけではありません。

声は声帯が振動して作られるのですが、あまりに息の量が多いと、声帯が上手く機能しません。結果的に、息っぽくなってしまい、声の存在感が薄れてしまう場合もあります。

息の量よりも、響かせ方の練習をしましょう。声を共鳴させるのです。共鳴とは声を響かせることです。

声を響かせる場所は3つあります。それは、喉、口、鼻です。

3つの共鳴箇所の性質をまとめておきます。

  • 喉:太い声になる
  • 口:マイク乗りが良くなる
  • 鼻:声の抜けが良くなる

低い音は喉で、高い音は鼻で、中音域は口で響かせると良いです。もちろん3つ全てを共鳴させても、問題ありません。

共鳴させる箇所を変えると、声質も変わりますので、色々試してみると良いでしょう。

歌う女性
最新情報をチェックしよう!