コンタクトレンズ

コンタクトが怖くて結局メガネに戻した話

どうも、きゃわ@icosoyamaです。

私は、高校1年生の時からメガネをしています。

ですが高校3年生の時に、1日だけコンタクトデビューしたことがありました。

 

今回は、メガネからコンタクトに変えて、すぐにメガネに戻した話をしたいと思います。

 

 

 

18歳の誕生日にメガネが壊れた

 

メガネ

 

今でも覚えていますが、18歳の誕生日のことです。

床に置いていたメガネを、踏んづけてしまったのです。

 

「やべぇ・・・やっちゃたなぁ」と思いつつ、誕生日ということもあり、せっかくなので、そのままコンタクトデビューすることに決めました。

 

眼科に行き、簡単な検査を受けて、すんなりコンタクトデビューできました。

コンタクトは、看護師さんに装着してもらったので、そのまま自宅に帰ることにしました。

 

 

コンタクトを着用してみた感想

元々目の中に異物を入れるのが怖くて、コンタクトにはせずに、ずっとメガネを着けていました。

ですが誕生日ということもあり、とても浮かれていたのでしょう。

 

その日は、気分が高まっていたので、半分勢いでコンタクトデビューをしました。

実際にコンタクトをつけてみると、少しだけ目の中に違和感を感じました。

 

ですが、時間とともにコンタクトの装着感は、薄れていきました。

 

当時は、体育系の部活に所属していました。

メガネだと走った時にずれるので、「コンタクトにしてよかったなぁ」と、思っていました。

 

 

コンタクトが取り外せなくなった

コンタクトデビューした日の夕方、一応自分でコンタクトを1度外してみようと思いました。

なかなか取り外せません。

 

20分、30分経ちましたが、全く取り外せる気配がありません。

取り外している最中、何度も本当にコンタクトが入っているかを確認しました。

ですが、遠くの文字が見えるので、普通にコンタクトは入っています。

 

目を真っ赤にしながら、目の表面を覆っているコンタクトレンズを、掴もうとするのですが、なかなか掴むことができません。

 

流石にまずいと思い、恥ずかしい気持ちを押し殺して、もう1度同じ眼科に行き、コンタクトを取り外してもらうことにしました。

看護師さんたちに、少しくすくす笑われながら、取り外してもらうことにしました。

 

看護師さんにやってもらうと、すぐに取り外してくれました。

 

私は恥ずかしかったので、少し俯きながらお礼を言って、その眼科を後にしました。

その後は、コンタクトとは無縁の生活を送っています。

 

ただの昔話ですが、ここまで読んでくれた人には、こんなくだらない話に付き合っていただいたことを、とても感謝したいです。

 

やはり、あまり背伸びするものではないですね。

自分の身の丈に合った生活や装備をしていくのが、重要なんだと学んだ高校生時代でした。

コンタクトレンズ
最新情報をチェックしよう!