両手でバツ印をする女性

「警備員はやめとけ」→これ言っている奴って実際に警備員やったあんの?

どうも、きゃわ@icosoyamaです。

私は施設警備員として3年間働いていたことがあります。警備員になる前に色々警備員の仕事内容などについて調べていたのですが、警備員って世間的にあまり良い目で見られないんですよね。

警備員で検索すると「警備員 底辺」ですとか「警備員 年収低い」みたいなサジェストが上位に出てきます。

ぶっちゃけ私が警備員になる前の警備員のイメージは特に悪いイメージも良いイメージも持っていませんでした。

実際に警備員として働いてみて思ったのは「結構仕事楽だし、残業はそこそこあるけどその分お金もらえて最高じゃね」と思っていました。今は仕事に対する考え方の変化があり警備員は辞めてしまったのですが、当時は本当に警備員最高くらいに思っていました。

警備員は割と人を選ぶ仕事かもしれない

顔を覆う少女

ぶっちゃけ警備員の仕事はそこまで難しくありませんし、難しいことを要求されることはほとんどありません

例えば施設警備員の基本業務は受付・巡回・立哨です。

受付は、マニュアルがあればそれ通りやればできますし、1回覚えてしまえば問題なくできるはずです。また、巡回は巡回経路通りに異常がない確認します。立哨は異常がなければぶっちゃけ立っているだけなので、どちらかというと時間との戦いです。

上記のような業務がメインになるわけでして、ぶっちゃけ暇な時間も結構あるんですよ。私なんかは落ち着ける時間がたくさんあった方が好きなのですが、人によってはガツガツ動いて仕事をしたいってタイプの人もいますよね。自分から動いて仕事をしたい人ってぶっちゃけあまり警備員には向かないです。

なぜかというと警備員の仕事は基本的に相手がいて成り立つものなので、自分から何かをするということがあまりないからです。

上記についてもう少し詳しく説明すると、受付は用のあるお客さんを相手にします。巡回はお客さんから声でも掛けられない限り異常がないか点検するだけです。立哨も巡回と同じでお客さんから声を掛けられなければ周辺を警戒するだけなんです。

もちろん周りを警戒するのは警備員の一番大事な仕事なのですが、何もなければ本当に暇なんですよ。この暇な時間に耐えられない人は警備員の仕事には向いていないと思います

警備員の仕事は他人との関わりが希薄になるので孤独に耐えられないと厳しいです

警備員をやっていると現場によって、休日はめちゃくちゃ暇な現場などもありまして、一言もお客さんと話さない日もあるのです

上記を最高と思えれば警備員に向いていると思います。

逆に「お客さんと一言も話さないなんて仕事としてどうなの?」と思ったり「もっとみんなと協力しながら仕事を進めていきたい」という人には警備員はめちゃくちゃ合わないでしょうね。

ぶっちゃけ警備員って色々な意味で浮いているんですよ

他の人たちはスーツを着てカバンをもって、取引先に訪問したり自分の会社に出社したりする中、一人だけ制服を着て警備しているのが警備員なんです。

なので警備員って仕事をしている時は結構孤独なんですよ。

私が警備員として働き始めた頃は何か自分だけその場から浮いているみたいで恥ずかしくて仕方なかったですね。

みんなが目的をもって仕事をしている中、自分一人だけが取り残されている感覚になるんです。

もちろん警備員はきちんと警備業務をしているのですが、何か異常が起きることは稀なので結構孤独を感じることが多いです。

そして孤独に耐えられないと警備員としてやっていくのは厳しいかもしれません。

逆に一人が好きな人は警備員はめちゃくちゃおすすめです

裏を返せば孤独が好きな人には警備員って最高の仕事なんですよ。

異常が起きるのは稀なので定期的に周辺を警戒しつつ、人が少なくなったら多少別のことを考えてても誰かにバレる何てことは無いですからね。

私は妄想が好きなのでほとんど人がいない時はひたすら妄想していました。

警備員に対する社会の評価など気にしないでとりあえずやってみれば良いと思う件

実際問題警備員に対する社会の評価はマイナスイメージが多いですが、とりあえず興味があるならやってみたら良いと思います。

警備員はどこも人手不足なので割と入りやすいですしね。

警備員をやっている人から「警備員はやばい」だとか「警備員だけはやめとけ」みたいな話を聞いて参考にするのであれば良いですが、警備員に興味があるのに社会の警備員に対する漠然としたマイナスイメージで警備員になることを諦めてしまうのって結構もったいないと思います。

私は3年間施設警備員をやりましたが、結構自分の世界が広がりましたよ。何というか本当にくだらないこととかで、トラブルって起きたりするのですが、その時の人の考え方とかって色々な考え方があって、独りよがりの考え方はしないようになりましたね。

もしかすると警備員が自分にとってめちゃくちゃプラスの経験になるかもしれません。興味があるのなら社会の評価など気にせず飛び込んでみたら良いのです。

両手でバツ印をする女性
最新情報をチェックしよう!