ウォーターサーバー

カラオケに行った時の飲み物で一番喉にいいのは水です【一択】

今回はカラオケに行った時の、ドリンクについてです。

皆さんは、カラオケに行った時に何を飲みますか?

炭酸、お茶、ココア、などなど色々な飲み物があります。 

結論から言えば、歌う時は水以外飲まない方が良いです。

なぜほかのドリンクがダメなのか、理由もセットで説明します。

歌った後に喉が渇くのはなぜ?

歌う男性

そもそも、なぜドリンクが重要なのでしょうか?

それは歌った後というのは、喉が乾燥するからです。普段私たちが会話しているときに、急激に喉が渇くとはないですよね。普通に話しているくらいでしたら、喉はそこまで乾燥しないのです。

ですが、歌う時は別です。

曲の長さから考えてみましょう。

一般的な曲の長さは、大体4~5分くらいだと思います。

ずっと歌っているわけではありませんが、2~3分くらいは、口を開けて歌っています。

口を開けるという行為は、衛生上あまり良いことではありません。口から喉にごみやほこり、細菌やウイルスが入ります。そして何より乾燥の原因となります。

朝起きたときに、喉が痛い時ってありますよね。そういう時は口を開けたまま寝ているからです。そして歌った後というのは、喉が非常に乾燥しています。

乾燥した喉を潤すために水分が必要なのです。あくまでも必要なのは水分です。それ以外のものは不要です。

ここはよく覚えておいてください。

水が絶対的に良い理由

水

水が絶対的に良い理由は簡単です。それは水が、喉を潤すのに一番適しているからです。

先程喉を潤すのに必要なものは水分と言いました。他のものは不要なのです。

ただ一つ注意点を上げるとすれば、常温の水が好ましいです。

冷たい水だと、喉の筋肉がこわばって逆に歌いづらくなりますので、注意しましょう。

また喉が渇いたといって、炭酸飲料やオレンジジュースなど糖度の高い飲み物を飲む人がいますが、あれは逆効果です。糖度の高い飲み物は、砂糖によって喉の保湿を阻害してしまうからです。

水以外がダメな理由

少し説明してしまいましたが上記の理由で、糖度の高い飲み物はだめです。

コーラ、オレンジジュース、グレープジュース、サイダーなどは、全てダメです。

たまに、ウーロン茶紅茶などを飲む人もいます。

糖度はそこまで高くありませんが、お茶にはカフェインが多量に含まれています。カフェインは、喉の油を流してしまいます。

油分がなくなると喉が、かぴかぴになってしまい喉を痛める原因となります。

水分と油分のバランスも大事なのです。

アルコールももちろんダメです

アルコールが一番ダメです。

なぜなら、アルコールを分解するためには水分が必要だからです。

喉を保湿するどころか体から水分が抜けてしまいます。

飲み会後にカラオケに行くこともあると思いますが、あまり歌いすぎないようにしましょう。

まとめ

歌う時には、喉を傷めないようにすることが大切です。

ですのでカラオケに行ったときは、極力を飲むようにしましょう。

酒の席では断り切れないこともありますが、アルコールを摂取した状態で歌うのはほどほどにしておきましょう。

喉を大切にしながらカラオケを楽しみましょう!

それでは!

ウォーターサーバー
最新情報をチェックしよう!