歌うイラスト

カラオケで声が小さいと点数は出にくいです

皆さんは、カラオケの採点機能を使ったことはありますか?

私は学生時代に、よく使っていました。

 

どの機種でも大体90点ぐらいでした。

 

カラオケの点数を上げるテクニックとして、抑揚というものがあります。

今回は、抑揚と声の大きさについてまとめていきます。

 

 

 

抑揚をつけると点数が上がる

 

点数表示

 

採点項目にはいくつかありますが、抑揚は点数を稼ぎやすいポイントです。

 

高得点を取ることだけを考えるのならば、サビ以外では小さい声で歌い、サビで大きい声で歌うのが良いです。

 

所詮機会が採点しているので、多少無理な抑揚をつけても、高得点を取ることができます。

  

 

大きい声が出る人は抑揚がつけやすい

抑揚とは、音量の幅のことです。

最小の音~最大の音の、幅のことだと思ってください。

 

ですが元々声の小さい人は、サビで声量を稼げません。

なぜかというと、最小の音は出すことができても、最大の音を出すことができないからです。

 

例えば声の大きい人の最小の音を1、最大の音を10とします。

ですが声の小さい人は、最小の音1、最大の音5までしか出すことができません。

これでは上手く抑揚をつけられません。

 

このように声の小さい人は、採点ではとても不利なのです。

 

 

 

声を大きくするためのテクニック

簡単に大きい声を出すためのテクニックを紹介します。

  • 200m先を目掛けて歌う
  • 口を大きく開ける
  • 姿勢を良くする

 

上記のポイントを守れば、多少改善されると思います。

 

あくまでも小手先のテクニックですので、効果はあまり期待できません。

一番効果があるのは、やはりボイストレーニングです。

 

私が過去に書いた記事がありますので、参考にしてみてください。

 

 

抑揚はつければ良いというものではないが、抑揚が無い歌は聴いていて退屈

 

ビーチで椅子に座る人

 

最後になりますが、高得点を取るために抑揚をつけるのはあまりおすすめしません。

 

高得点を取るために、不自然な抑揚をつければ、聴いている方は違和感を感じます。

歌としてのクオリティが高いとは言えないでしょう。

 

ですが採点項目に抑揚がある理由を考えてみてほしいのです。

それは、歌に抑揚が必要だからです。

 

やはり、抑揚の無い一本調子の歌を聴いても、とても退屈です。

 

歌詞の意味を正しく理解して、適切に抑揚をつけることで、あなたの歌が劇的に良くなります。

抑揚をつけるときは、不自然な歌にならないかを注意しましょう。

歌うイラスト
最新情報をチェックしよう!