音符

自分に合った曲を見つける一番簡単な方法

音符

どうも、きゃわ@icosoyamaです。

YouTube上に、歌ってみた動画を投稿し始めてから、2ヶ月ほど経ちます。

 

自分の歌を投稿してみて気付いたのですが、やはり自分の声に合う曲と、合わない曲というものがあります。

今回は、自分に合う曲の見つけ方を、紹介したいと思います。

 

 

 

自分の声を知ろう

 

椅子に座っている男性

 

とにもかくにも、自分の声を知らないと、自分に合う曲は選べません。

自分の声を知らない人は、結構多いです。

必ず、録音して自分の声を聴くようにしましょう。

 

なぜなら、録音した声と自分の体の中で響いている声は違うからです。

自分では、太い声を出しているつもりでも、録音した声を聴いてみると、柔らかい声だったということは、良くある話です。

 

普段自分の声を聴くときは、体の中で響いている声を聴いています。

ですので、必ず録音した自分の声をイメージしながら、曲を選ぶことが大切です。

 

 

同じような声質の歌手を探してみる

自分の声を知ることができたら、自分の声と似たような歌手を探してみましょう。

例えば、地声が強めの高い声だったら、ONE OK ROCKや久保田利伸さんなどです。

 

必ず、自分に似たような声質の歌手が1人2人居るはずです。

 

基本的には、自分の声に似ている歌手の曲を選ぶと、曲の雰囲気にマッチします。

 

歌う時の選曲はとても大事です。

例えば、Mr.Chidrenが演歌を歌っているとどうでしょうか?

聴いてみたい気もしますが、明らかに曲と声があっていないですよね。

 

自分で作曲できる歌手は、自分の声を最大限生かせる楽曲を作っています。

 

ですので、似たような声質の歌手を探すと、自分の声に合った曲を探すことができるのです。

 

 

似たような声質の歌手がいない場合は、自分の音域から曲を選ぼう

自分の声質に、似ている歌手がいないという人もいるでしょう。

 

自分の声に似ている歌手がいない場合は、自分の音域から曲を選ぶようにしましょう。

自分の音域を正確に知ることができれば一番良いのですが、わざわざ調べなくても、一発で音域を知る方法があります。

 

それは、1曲通して歌ってみることです。

1曲通して歌ってみて、音が出なかった部分をチェックしてみましょう。

 

今度は、チェックした音が出なかった部分を、1コーラス歌ってみて、音が出るかどうか試してみましょう。

1曲通して歌ったときには、出なかったかもしれませんが、1コーラスだけなら音が出せることがあります。

単発で音が出せるのであれば、十分歌うことが可能です。

 

後は、練習あるのみです。

一番簡単な練習方法は、歌手の音源をよく聞いて、真似することです。

 

真似することで、ブレスの位置や抑揚のつけ方など、プロが何気なくやっているテクニックを、自分のものにすることができます。

歌の物真似は、一番効果的な練習方法ですので、ぜひ試してみてください。

音符
最新情報をチェックしよう!