都会の風景

【一人暮らし始めるなら】注意点5つ【生活編】

今回は、一人暮らしで注意すべきことをまとめてみました。

興味なかったら、下へスクロールしてください。

ちなみに私は、一人暮らし10年以上しています。
何回か引っ越し経験もあります。
そんな奴が書く記事になります。

それでは行ってみましょう―

1.自宅から駅までの距離(重要度:

かなり重要です。

できれば徒歩10分以内のところが良いですね。

というのも、徒歩15分以上だと、思っている以上に歩きます。

不動産屋の徒歩15分って、結構近いように見えますが、実際歩いてみると、速足で歩かないと、15分で着かないこともあります。

必ず、駅から契約する物件までは、契約前に自分で歩いてみることをおすすめします。

意外と歩いてみると、想像以上に歩きにくかったり、なかなか大通りに出られず、何回も路地を曲がる場合もあります。

私も一度失敗したことがあります。

下見に行くときは、車で行ったので気づかなかったのですが、実際入居してから駅まで歩いてみると、異常に長い坂があったのです。

800mくらいはありました。

学生時代に住んでいた部屋だったのですが、大学4年間その坂を毎日往復することになりました。

意外と歩いてみないと分からないこともありますので、実際に歩いてみるようにしましょう。

2.周辺施設の有無(重要度:

無いと一番困るのは、スーパーとかコンビニです。

平日仕事帰りや、学校帰りに立ち寄れるところがベストです。

定期的に買い物に行きますので、帰り道に無いと、結構ストレスになります。

あとコンビニは、近くに有ったほうが良いかもしれません。

一人暮らし始めると、休みの日なんかは、深夜まで起きてることも結構あります。

やっぱりお腹すくんですよね~。夜中って。

なんだかんだ、24時間営業しているコンビニは便利です。

また、娯楽施設は無くても困らないと思います。

正直、娯楽施設が近くにある物件はあまりおすすめできません。

だって、自分が寝ようとしているときに、外でうるさかったら最悪ですよね。

人の通りが激しい場所にある物件は、少し慎重になったほうが良いです。

3.できれば最上階が良い(重要度:

欲を言えば、最上階角部屋は最強です。

角部屋は人気です。

「角部屋+最上階」だと、条件が厳しいですが、「最上階」だと割と検索にヒットします。

角部屋とは角部屋とは、一番端の部屋のことです。
例えば、
| 101号室 | 102号室 | 103号室 | 104号室 |
このように部屋があったとします。
この場合、101号室と、104号室のことを角部屋と言います。

最上階が良い理由としては、騒音対策です。

私も経験したことがありますが、1階の部屋はすぐ虫が入ってきます。

地上に面しているので、虫の侵入経路になりやすいです。

もう1つは騒音対策です。

ほとんどの入居所の方は、周りに気を使って音が出ないように配慮してくれます。

ですがごく稀に、全く隣人に気を使わない人に出くわすときもあります。

こればっかりは、住んでみないと分からないので、対策ができないです。

ですが、最上階に住むことで、ある程度騒音のリスクを抑えることができます。

例えば、3階建てのアパートがあったとします。

1階もしくは、2階に住んでいる場合、音の発生源は【左右と上】から発生します。

ですが、3階に住んでいる場合、音の発生源は【左右】だけに抑えられます。

下の階がうるさいということは、ほとんどないです。

騒音の原因のほとんどは、話し声足音だからです。

これも対策が難しいのですが、二人以上の複数人で住んでいる部屋は要注意です。

高確率でうるさいです。

あまりにも騒音が酷く、耐えられない場合は、管理会社に連絡を取ってその部屋に注意してもらうことをおすすめします。

一応例として、騒音が酷い場合を上げましたが、あくまでも極端な例です。

ほとんどの場合、騒音は気にならないことが多いですので、あくまでも一例として参考にしてください。

4.ゴキブリ対策(重要度:

虫対策のなかでも、特にゴキブリ。

好きな人なんて居ない・・・ですよね??

普通に掃除していても、外から侵入してくるので非常に厄介です。

また、隣の部屋が汚いと、隣の部屋からゴキブリが移ってくることもあるみたいです。

一番簡単なゴキブリ対策は、市販のゴキブリ駆除の薬品などを購入するのが手っ取り早いです。

おすすめは、ブラックキャップ ゴキブリ駆除剤 [12個入]です。

置くだけで効果があるので、非常におすすめです。

合わせて読みたいブラックキャップの効果については、以前に記事にしています。
よろしければそちらもどうぞ。

【一人暮らし】ゴキブリだらけの部屋が一瞬でいなくなった話

5.エアコンの掃除(重要度:

部屋の掃除はするんだけど、エアコンの掃除はあまりしない人ってたまにいます。

特に夏場や冬場。

エアコンを使う前には、中のフィルターを掃除しておきましょう。

エアコンを使いすぎると、のどが痛くなりますよね。

エアコンの使い過ぎの可能性もありますが、中にほこりがたまっていると、体にも悪いです。

定期的に掃除するようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか。

一人暮らしに、心が躍っているかもしれませんが、失敗しないためにも、今のうちから対策しておきましょう。

都会の風景
最新情報をチェックしよう!