歌う男性

出せるとかっこいい!!歌う時にエッジボイスを使う効果を解説します

  • 2020年9月1日
  • 2020年9月1日
歌う男性

どうも、きゃわ@icosoyamaです。歌のトレーニングを独学で10年以上続けています。

以前「エッジボイスをマスターするために必要なことを解説する」というエッジボイスを出すための練習法についての記事を書きました。

今回は実際に歌う時にエッジボイスを使うと、どういった効果があるのかを解説していこうと思います。

エッジボイスは控えめに入れるくらいがかっこいいです

歌う男性

エッジボイスといっても、歌う時に1曲通して全てエッジボイスで歌うのはおそらく無理だと思います。

エッジボイスは分かりやすく言うとガラガラ声だと思うのですが、声帯をぴったり合わせて声を出しているので、割と喉に負担がかかるのです。ですので、間違ってもエッジボイスがかっこいいから全部エッジボイスで歌うのはやめた方が良いと思います。

それにエッジボイスってたまに入れるからかっこいいんですよね。例えば声の綺麗な人が曲の途中でいきなりエッジボイスを使ったら、聴き手からしたら「お!かっこいいな!!」ってなりませんかね。

エッジボイスは全ての感情表現に使えます

私が思うにエッジボイスは全ての感情表現に使える万能の声だと思っています。

例えば悲しく泣くようにエッジを効かせても良いですし、叫ぶような使い方をしても良いと思います。

ウィスパーボイスとかだと、あまりアップテンポの曲には合わないのですが、エッジボイスはどんな曲でも合わせやすいのでとてもおすすめです。

ここぞという時にエッジボイスを使いましょう

エッジボイスは控えめに入れた方が良いと言いましたが、エッジボイスを入れるタイミングはここぞという時ですね。

歌っている時に少しアクセントを付け加えたい時や強調したい歌詞がある時には、エッジボイスを使うとより聴きごたえのある歌になるはずです。

狙った時にエッジボイスを出せるようになると表現力が増します

最後にエッジボイスを使うには、いつでもエッジボイスを出せるようにしておかないといけないですよね。

記事の冒頭で紹介しましたが、エッジボイスの習得には過去の記事を読んで頂けたらと思います。

エッジボイスは歌唱技術ですので、単発で出せても意味がありません。使いたい時にきちんと使える技術として、エッジボイスを使用できるようにしておきましょう。

歌う男性
最新情報をチェックしよう!