自宅で歌える防音室。価格順で比較してみた

どうも、きゃわです。

 

この記事で30記事目になります。

 

それはさておき、以前にだんぼっちという簡易防音室をご紹介しました。

 

今回はそれ以外の防音室を、価格順で比較していきたいと思います。

 

だんぼっちの記事はこちらです。
参考:自宅で防音室代わりになる!?だんぼっちレビューしてみた

 

 

 

防音室比較

1.ライトルーム

 

・価格

10万円~15万円の間くらいです。

  

 

・サイズ

Sサイズ、Lサイズ、LLサイズの3種類あります。

  • Sサイズ―0.64畳
  • Lサイズ―0.83畳
  • LLサイズ―1畳

 

LLサイズになると、小さめのデスクも入るみたいです。

 

Sサイズで高さが1.9mありますので、普通の方なら、問題なく立って練習できそうです。

 

 

・性能

あくまで簡易防音室です。

Dr-15相当です。

要するに、15デシベル相当の音を軽減してくれます。

参考:Drとは遮音性の指標です。

完全な防音はできませんが、隣への音漏れを防ぐくらいなら、十分効果は期待できます。

 

 

・組み立て方

簡易防音室は、組み立てる必要があります。

推奨される組み立て方では、

男性2人で約20分。

女性2人で約40分です。

 

組み立て方は、白いテントみたいなのを立てて、茶色のドアの部分のファスナーを閉めれば、完成です。

 

私も別の簡易防音室を一人で組み立てたことがありますが、人が入るものなので、かなり大きいし重量があります。

 

一人でも組み立ては可能ですが、安全に十分配慮し作業しましょう。

 

 

 

2.VERY-Qシリーズ

 

・価格

10万円~40万円台です。

 

 

・サイズ

約0.5畳です。

人一人立って歌えるくらいですね。

 

参考までに、このもう一つ上のランクに、40万円台の防音室があるのですが、こちらは広さ1畳になっており、かなり広いです。

 

参考までに、

 

イメージはこんな感じです。

 

 

・性能

Dr-30です。

この価格帯になると、かなりの防音効果がありますね。

おそらく深夜に歌っていても、隣にはほとんど聞こえないレベルだと思います。

 

 

・組み立て方

やはり2人以上での作業が推奨されます。

 

組み立て方は、各パネルをマジックテープで張り付けるだけのようです。

比較的簡単に組み立てられます。

 

 

 

3.ヤマハ防音室

正直これが買えれば、他の防音室は必要ないです。

 

今まで紹介してきたものが、簡易的な防音室だとすれば、これは完全な防音室です。

 

ヤマハの提供する防音室で、基本的に工事が必要です。

 

工事期間はプランによって異なりますが、最短で半日、最長で4日程度となっています。

  

参考までに:ヤマハ防音室

 

 

・価格

50万~100万以上です。

 

プランによって異なるため、価格にも幅があります。

 

 

・サイズ

0.8畳~4.3畳まで。

用途に応じて様々なサイズを取り揃えています。

 

 

・性能

これに関しては言うまでもないです。

Dr-35もしくはDr-40、用途によってどちらか選べるみたいです。

 

いずれにせよ、このくらい音量を抑えてくれれば、いつでも音が出せる環境です。

 

 

・組み立て方

初めにも言いましたが、自分では組み立てられません。

 

工事による組み立てです。

作業期間は最短で半日、最長で4日となります。

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

 

自宅で気兼ねなく音を出したい方。

防音室の購入を検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

この記事が皆様のお役に立てることを、心から祈っております。

 

それではまた~

 

最新情報をチェックしよう!