Blogの文字

ブログが続かない人が、続けられようになるための思考法

当ブログは、ほぼ毎日更新を続けています。

以前までは、モチベーションが上がらず、月に10本更新できれば良い方でした。

 

そんな私ですが、ある時、「ブログでもっと稼ぎたい」と、思うようになり、毎日更新をすることにしました。

 

 

 

ブログを続けるためには、何も考えないこと

 

考える男性

 

ブログを書くときに気を付けることは、たくさんあります。

キーワード、文体、レイアウト、画像、などなど、挙げればきりがありません。

 

皆さん、せっかく始めたブログで失敗したくないからこそ、色々な情報を集めると思います。

偉そうに言っていますが、過去の私も色々情報を集めていました。

 

もちろん、ある程度ブログに関する知識は必要です。

検索で上位を取らなければ、アクセス数は上がりませんし、面白い記事を書くには、文章の書き方を学ばなければなりません。

 

皆さんブログに関する情報を集めるときには、書籍やネットなどで調べているでしょう。

有益な情報も多いのですが、基本的にどの情報も、最終的には似たようなことを言っているはずです。

 

キーワードの決め方や、文章の書き方など、人によってやり方の違いはありますが、最終的な結論は同じなのです。

 

少し大雑把に言いますが、最低限の知識を身につけた後は、実践するのみです。

  • どのような記事が読まれるかは、実際に読んでもらわないと分かりません。
  • どのような記事が面白いかは、実際に読んでもらわないと分かりません。

 

実際に書いた記事を評価するのは、読者です。

読者目線で記事を書かなくてはなりませんが、読者目線の記事を書くためには、ある程度記事を書いて、どの記事が読まれているのかを、分析する必要があります。

 

例えば、「10記事書いたけど全くアクセスがない」というのは、至極当たり前の事象です。

ブログ初心者が10記事程度書いたところで、何年も書き続けてきたブロガーたちに勝てるわけがないからです。

 

ですが、たくさんの記事を書いていくと、読まれる記事というのが、1つや2つは必ず出てきます。

読まれている記事と、読まれていない記事を分析することが大切です。

 

記事をひたすら書いて、分析する。

アクセスアップに必要なことは、基本的にこれだけです。

 

ブログが読まれなくて、モチベーションが上がらないのであれば、1度何も考えずにひたすら更新し続けてみましょう。

1ヶ月後、必ず何か変化が訪れるはずです。

 

 

記事を書くほどアクセスは上がる

 

パソコンで作業する人

 

記事の質も大事なのですが、記事を書けば書くほど、アクセスは上がります。

ですが低品質な記事は、読まれないと言われています。

 

低品質な記事とは読者が決めることであり、私達書き手ではありません。

読者にとっては、記事は読み物ではなく、情報を得るための手段にすぎません。

 

最悪、読者にとって知りたい情報だけが記載されていれば、それだけで読者にとって価値のあるものなのです。

ブログを続けられない原因として、文字数を気にしている人はたくさんいると思います。

 

ですが、1つの記事で伝えたいことを伝えられれば、それだけで価値のあるものなのです。

 

300文字だろうが500文字だろうが、記事が完成したら、公開しておけば良いのです。

事実、当ブログでも3000文字で書いた記事よりも、500文字くらいの記事がアクセスを稼いでくれることもあります。

 

記事の質よりも重要なことは、たくさんの人に見てもらうことです。

記事を量産することによって、検索に引っ掛かる確率がグンと上がります。

 

記事のストックは、ブログ全体のアクセス数につながりますので、ひたすら記事を書きましょう。

Blogの文字
最新情報をチェックしよう!