PC、メモ帳、スマートフォン

ブログを100記事書いた時のリアルを教えるぞ

どうも、ブログ歴2年目あと少しで400記事目前のきゃわ@icosoyamaです。

私が100記事を突破したのはブログを始めて半年くらいの時でした。今でも100記事突破した時は少しだけ達成感があったのを覚えています。

ですが、達成感とは裏腹にブログで100記事書いたからといって、誰でもアクセスを集められたりお金を稼げたりする訳ではないというのを分かって欲しいのです。

ブログで100記事書いてお金を稼げた人は相当運が良い人です

お金のイラスト

初心者がブログで100記事を書いた場合、おそらくクオリティはあまり良くないと思います。ぶっちゃけ100記事といっても、ペラペラの内容で100記事の場合もありますし、1記事5000文字くらいがっつり書いて100記事の場合もあります。

私がブログを始めた頃は、とりあえず記事を量産すればいいんだろと思って、500文字くらいの記事でも普通に投稿していました。記事のキーワードにも依りますが、500文字程度で検索上位を取るのっておそらく難しいです。

むしろ500文字で検索上位を取れる記事であれば、2000文字くらい書けばもっと良い順位が取れるはずです。

そして初心者でブログを始めて、100記事程度で稼げてしまう人は、収益化が上手いかアクセスを集めるのが上手いかのどちらかだと思います。

収益化が上手いというのは、検索上位を取っている記事に上手い具合にアフィリエイトリンクを絡ませて収益化しているということです。

そしてアクセスを集められる人というのは、例えば今流行っているトレンド系に詳しい人が記事を書けば、おそらくブログ初心者でもある程度のアクセスを集められるはずです。

おそらくブログで100記事書いてもほとんどの人は稼げもしないし、アクセスもあまり集められません

大抵の場合、100記事書いたところでは稼げもしないし、アクセスも1日100PV以下なんてのは割とよくある話だと思います。

なぜ上記のようなことが起こるのかというと、単純に記事の書き方が悪いからです。記事の書き方の基礎は、マナブさんという方の記事が参考になるので見て頂きたいのですが、ぶっちゃけ基礎を学んでも、おそらくあまり良い記事は書けないと思います。

冷静に考えれば分かるのですが、例えば野球でバッティングフォームを学んだからといって、いきなり球が打てる人なんていないですよね。実際バッティングが上手くなる過程って、打てるようになるまで何回も何回も打ち込んで、体にバッティングフォームや打ち方を身につけて打てるようになるのだと思います。

上記と同じで、ブログも100記事程度ではまだまだ試合に出れるような状態ではありません。まだまだ記事の書き方を習得している途中なのです。当然ですが、そんな状態で稼ぐだとかアクセスを集めるのはそもそも無理な話なのです。

ブログで100記事はまだまだチュートリアルの途中です

ステップアップする人

個人的に、ブログで100記事ってまだまだチュートリアルの途中でして、まだ始まってもいないと思います。

体感ですが200記事くらい書くと、記事の書き方が分かってきます

これは完全に私の体感ですが、おそらく200記事くらい書いてくると、どんな風に書けばユーザーに読まれるような記事が書けるのかが分かってくるはずです。

具体的には、自分の中でこういう時はこうするとか、ああいう場合はああした方が良いとか、今まで200記事書いてきた経験値が活かされるようになるんですよね。

逆に言えば上記の状態まで来てしまえば、後はブログを書き続けるだけです。

私の場合、300記事を突破したあたりからアクセス数が右肩上がりで上昇するようになりました。ぶっちゃけブログって、一度書き方を覚えてしまえば、後は自分の書ける記事を量産していけば後は勝手にアクセスが増えていきます。

おそらくここまで来るのがつらくてやめてしまう人が多いのだと思います。でも200記事って割と直ぐにに達成できるはずです。

1年で達成すると考えると、1か月あたり17記事書けば良い訳ですからね。そう考えるとなんだかいける気がしてきませんかね。

記事の書き方が分かるとアクセスを集めやすくなります

まずは、記事の書き方を覚えていくしかないです。なのでぶっちゃけ200記事までは、個人的にアクセスを気にする必要はないと思います。

むしろ記事の書き方が固まってきてからが勝負です。記事の書き方が分かってきてアクセスが伸びるようになると、ブログを書くのがめちゃくちゃ楽しくなるんですよね。

ですが、ブログを始めたてでアクセスが無い頃ってかなりきついです。見習い期間だと思って、割り切ってやるのが個人的には良いと思います。

PC、メモ帳、スマートフォン
最新情報をチェックしよう!