鼻のイラスト

【歌い方講座】声が鼻にかかりすぎる場合は要注意

鼻のイラスト

歌う時に、声が鼻にかかりすぎてしまうことはありませんか?

 

適度に鼻に響かせることで、抜けの良い声を作ることができます。

ですが、過剰に鼻にかけすぎると、ただの鼻声になってしまいます。

 

今回は、鼻にかけすぎずに、声を響かせる方法を紹介していきます。

 

 

 

鼻の奥の方に響かせる

鼻声や鼻が詰まったような声になってしまう人は、鼻の前方に響きを集めすぎています。

 

最終的には鼻から声を抜くので、鼻の前方に響きが集まります。

ですが、意識して鼻の前方に響きを集めると、鼻声になることが多いです。

 

鼻声と鼻によく響いている声は、違います。

 

 

鼻に響かせるためには、鼻の奥の空間を使う必要があります。

上図の赤丸の部分です。

 

図で見ると良く分かりますが、鼻の前方よりも、奥の方がとても広い空間になっています。

鼻にかかりすぎている人は、奥の空間を使えていないことが多いです。

 

私が一番響かせやすかったやり方は、少し声を引く方法です。

 

抽象的なので捕捉すると、声を出す時に、前に出そうとするのではなく、少し奥の方に声を当てるのです。

 

顔の奥の空間を意識して、声を響かせると良いです。

鼻のイラスト
最新情報をチェックしよう!