グラスに入ったウイスキー

【大学生へ】お酒飲んで吐くのだけは止めとけ

私は大学時代、部活の飲み会でよく潰れていました。

元々内気な性格でしたが、お酒が入ると普段話さないような人でも、お酒の力で話せるようになるので、飲み会の席では、人1倍飲んでいました。

 

飲み会でワイワイ騒いでいるときは楽しいのですが、飲み会の後は、必ずと言っていいほど吐いていました。

 

 

 

酒で潰れると一番大変なのは、周りの人

 

乾杯するイラスト

 

大学時代は、飲み会で毎回潰れていたので、部活の先輩や同期に、介抱されていました。

 

普通、人の吐いている姿なんて見たくないですよね。

当時私を介抱してくれた人たちには、感謝してもしきれません。

 

例えばですが、自分の最寄り駅まで帰って1人で吐く分には構いませんが、人に迷惑をかけるのは、あまり良いことではありません。

 

もちろん、自分の体にとっても吐くまでお酒を飲むことは、良くないことです。

 

大学時代って、お酒が飲めるようになりますが、自分が飲めるお酒の限界を、あまり知りません。

ついつい飲みすぎてしまうのです。

 

吐くまでお酒を飲むのは、個人の自由ですが、人に迷惑をかけてまでする行為ではありません。

  

 

飲み会では、自分をセーブすることが大事

飲み会は、普段話したことがないような人にも、お酒の力を借りて、話すことができるチャンスの場でもあります。

 

それに飲み会は大勢のコミュニティが参加する場ですので、周りに迷惑をかけないことは、当たり前のことです。

飲み会はあなたが主役では、ありません。

 

全員に与えられた、共有の場です。

 

私は大学時代に散々潰れてしまいました。

私の周りには、良い人たちばかりだったので、介抱してくれました。

しかしやはり大学生と言えど、これから社会人になる者が、飲み会の場で自分をセーブできないのは、問題だと思うのです。

 

私は、散々道端などで吐いていました。

ですが、私の吐いたものを清掃してくれる方も、必ず存在しています。

 

私がお酒を飲みすぎて吐くことにより、色々な人が迷惑するということを、社会に出て初めて知りました。

 

飲み会に明け暮れている大学生もいるとは思いますが、少しだけ節度を持って、お酒を飲んでみてください。

大学生のうちに、自分をセーブすることを覚えておくと、必ず社会に出て役に立つはずです。

グラスに入ったウイスキー
最新情報をチェックしよう!