俯く女性

仕事が無理と感じたら辞めたらいいんじゃないですかね【解決】

どうも嫌な仕事から逃げ続けて来月から無職の28歳、きゃわ@icosoyamaです。

いやーまた無職ですわ。今回で通算して仕事を辞めるの3回目なんですが、もう罪悪感ですとかこれからどうしようとか何も感じなくなってきています。

私の場合6年間の社会人生活で3つの会社を経験してきていますが、別に仕事を辞めたからといって人生終わるわけではありません。

仕事を辞めたことがない人に限って、「仕事辞めたらやばいよ」なんて言う人が多いのですが、仕事を辞めたことのない人の意見は聞くべきはありません。

まあ当たり前ですよね。

例えば転職経験3回の人と、今の会社一筋で10年勤めている人がいるとしたらどう考えても転職経験3回の人に相談した方が有益な意見が聞けるはずです。

また同じ会社の人に相談するのも止めた方が良いです

会社を辞められるとその分他の人に仕事が割り振られるわけですから、基本的に同じ会社の人間からは客観的な意見が聞けないからです。

仕事で無理して会社のために自分の人生を費やすんですか?

大きく口を開ける男性

自分の人生を会社のために費やしたいのであれば構いませんが、普通そんな人いませんよね。

自分の人生なのですから、全て自分のために時間を使うべきなのです

例えば会社を手段として自分の目的のために使うのであれば、ありだと思います。具体的には将来フリーランスのエンジニアになりたいから、今はIT系の会社から給料を貰いつつプログラミングの勉強をしている、などです。

会社に行くことが目的になってしまうと、毎月20~30万くらいの給料をもらうためにただ通勤しているだけの人生になってしまいます。

平日最低でも9時間は拘束されるわけですから、1日の約1/3の時間を会社に費やしているわけです

ましてや通勤時間が往復で2時間かかるとなると、定時で帰宅したとしても会社のために1日11時間使っている計算になります。

会社に行くという目的だけで平日1日11時間も使える人って、相当強靭なメンタルがないと無理だと思います。

基本的に会社での労働で将来が楽になることはない

正社員だろうが派遣だろうがアルバイトであろうが、基本的に私は労働者は時給だと思っています。

たしかに正社員は月20万などの基本給が保証されていますが、平日1日実働8時間などの定められた時間は仕事をしなくてはいけないので、結局時間で拘束されているので個人的には時給労働だと思っています。

先ほども言ったように、自分の目的がはっきりしていて会社勤めをするのであれば良いのですが、単純に生きていくために会社で働くというのは絶対に辞めた方が良いです。

なぜかというと、時給労働である限り1日のほとんどの時間を会社のために使うわけですから、自分のために時間を使えないからです

人によって人生の目標は違いますが、会社勤めをすること自体が人生の目標などいう人はいないはずです。

あ、もちろん昔から鉄道が好きなので鉄道業界で働きたいというような人達は除きますよ。

鉄道が好きだから鉄道会社で働きたいというのは、自分の好きなことと会社の業務が一致しているので、めちゃくちゃ幸運な人ですね。

多分上記のような人はそのまま会社員を続けた方が幸せだと思います。

ですが自分の好きなことと会社の業務が一致していることは稀ですし、そもそも自分の好きなことで食っていけずに仕方なく嫌々好きでもない仕事をしている人がほとんどだと思います。

私はブログが好きで、1年前くらいに会社を辞めて3ヶ月ほどブログを書きまくっていた時期があります。ですが、現実は厳しく初心者ブロガーが食っていけるほど甘い世界ではありませんでした。

その後もう一度会社員になったのですが、ブログは淡々と続けています。

徐々にではありますがブログのアクセス数も伸びてきています。

今まで何となく生きるために会社員を続けてきた私ですが、28歳にしてようやく自分のやりたいことが見えてきています。

今の会社も今月で辞めるのですが、辞めた後はしばらくブログに集中して、またお金が無くなったら働けばいいやくらいに思っています。

仕事で無理した先の未来は今の上司

皆さんの今の上司は尊敬できる人でしょうか?

この質問にはっきりと「YES」と答えられるのであれば、今の会社で多少無理をしても良いリターンが得られるかもしれません。

皆さんがどれだけ頑張っても恐らく10年後、20年後の皆さんの姿は今の上司です。

上記は当然のことでして、今の上司が40代であれば20年後にはいなくなっているわけですから、そのポジションに誰かが入る必要があります。そのポジションには今の上司の部下である誰かが入るのです。

私は警備員をしていた時代がありましたが、課長クラスの人達で大体年収が500~600万くらいでした。

年収500~600万というと月計算で大体月40~50万くらいもらっているわけです。年収としては上々ですが、あくまでも上手く出世した場合の話です。

もちろん管理職のポストの数には限りがあるので、今の仕事で一生今の給料と変わらないということもあり得るわけです。

10年後、20年後の給料が入社した時とそんなに変わらないって、結構悲惨じゃないですかね。

仕事を辞めるかどうかで悩むより自分がどうしたいかで悩むべき

私が初めて仕事を辞める時は、3ヶ月くらいずっと今の仕事を辞めても良いものか悩んでいました。

ですが今思えば3ヶ月も仕事を辞めるかどうか悩むのは、かなり無駄な時間だったなと思います。

結局仕事を辞めるかどうか悩んでいる時点でその会社に不満があるわけですから、その不満を無くすためにどうすべきかを考えるべきだったのです。

今の現場嫌だから現場を変えてもらう、会社の給料に不満があるから転職する、など今からでも出来ることは割とあります。

仕事を辞めるかどうかはあくまでも自分の目的を達成する一つの手段です。自分のやりたいことを明確にして仕事を辞めるのであれば、仕事を辞めるかどうかで悩む必要などないのです。

俯く女性
最新情報をチェックしよう!