CD多数

UVERworldおすすめ曲4選【YouTubeで聴ける】

CD多数

今回は、一度は聞いておきたいUVERworldのおすすめ曲を4つ、ご紹介します。

UVERworldの曲はかっこいい曲が多いので、私は10年以上聴き続けています。

1.「CHANCE!」

2005年にリリースされた曲です。

当時の人気アニメ「BLEACH」のゲームとタイアップした曲です。

 

この曲の魅力的なところは、かなり古い曲でありながら、現代でも通用するところだと思います。

当時私は中学生でしたが、UVERworldの曲には衝撃を受けたのを、今でも覚えています。

私が中学生のころは、「BUMP OF CHICKEN」や「ORANGE RANGE」が流行っていました。

「BUMP OF CHICKEN」の曲だと「天体観測」、「ORANGE RANGE」だと「上海ハニー」が、同級生の間ではよく聴かれていました。

そこに突如として「UVERworld」が現れたのです。

中学生という多感な時期に、バンド音楽に触れ、「そこそこ音楽なら語れるぜ!」ぐらい息巻いていたのですが、UVERworldの曲を聴いた瞬間に、何も言えなくなりました。

急に入るラップ、聴いているほうも気づかないほどのサビへの入り方など、「Aメロ→Bメロ→サビ」という基本的な構造を持っていた私たちには、衝撃的でした。

UVERworldの一番の武器は、聴いているほうを飽きさせない曲展開といっていいでしょう。

新曲を始めて聴くときは、次にどのようなフレーズが来るのかを、楽しみにしながら聴いています。

2.「ナノ・セカンド」

こちらは、2013年にリリースされた曲です。

メッセージ性の非常に強い曲になっています。

彼らの曲はのメッセージは一貫していて、「自分の好きなように生きろ!」というものです。

「ナノ・セカンド」では、非常に強く、そのメッセージを出しています。

曲も好きなのですが、UVERworldの見所としてもう一つ紹介したいことがあります。

それは、ライブMCです。

この動画では、曲に入る前にMCがあります。

ボーカルであるTAKUYA∞のMCが、「ナノ・セカンド」の曲をそのまま体現したように、観客を煽るのです。

合わせて読みたいUVERworldのライブMCについて、過去に作成した記事があります。
こちらも参考にしてください。

参考:UVERworldのライブMCが熱すぎる問題

このライブMCですが、楽曲ごとにそれぞれあります。

曲だけでなく、TAKUYA∞のMCにも、注目してみてください。

3.「THE OVER」

TBSドラマ「黒の女教師」の主題歌で、2012年にリリースされた曲です。

こちらの曲は、「CHANCE!」や「ナノ・セカンド」と違い、少し落ち着いた曲です。

ミディアムバラードまではいきませんが、非常に泣ける歌詞です。

彼らのメッセージ性は、「自分の好きなように生きろ!」というところだと紹介しました。

ですがこの曲は、完璧にラブソングです。

ラブソングといっても、UVERworldらしさが詰め込まれています。

普通のラブソングというと、「片思いしている相手になかなか気持ちを伝えられないもどかしさ」であったり、「遠距離恋愛中の恋人に思いを馳せる気持ち」であったり、人の感情に焦点を当てていることが多いです。

ですが、「THE OVER」では、より規模の大きく、永続的な愛を歌っています。

思い人が自分のことが分からなくなるくらい、年老いてしまっても、愛し続けていくことを、強く歌っています。

普通のラブソングだと、刹那的な「好き」、「愛してる」、「会いたい」という感情を題材にしています。

ですがこの「THE OVER」では、永続的に愛し続けることを題材にしています。

他とは少し違うラブソング、一度聞いてみてください。

4.「君の好きなうた」 

こちらは、TBS系全国ネット「恋するハニカミ!」のテーマソングで、2006年にリリースされた「君の好きなうた」です。

先ほどの「THE OVER」とは真逆の、正統派ラブソングです。

UVERworldの中では、非常に珍しい曲です。

UVERworldの楽曲には、難解なリズムや複雑な音程が多いです。

そのため、初めて楽曲を聴いた人は、曲の良さを感じる前に、「なんだこれ?」という風に思ってしまうかもしれません。

しかしこの曲は、初めて聴く人におすすめできる曲です。

なぜなら、曲の随所に、UVERworldらしいリズムやフレーズを残しながら、正統派ラブソングとして完成されているからです。

まとめ

いかがでしたか。

今回は、UVERworldおすすめ曲を4つ紹介させていただきました。

この他にも良い曲がたくさんありますので、ぜひご自身でも探してみてください。

それでは失礼します。

CD多数
最新情報をチェックしよう!