【歌ってみた支援】どのマイクを使えばいいのか

どうも、きゃわです。

今回は、歌ってみたのマイクの種類についてご紹介したいと思います。

 

 

 

マイクの種類

マイクには、2つの種類があります。

 

1つ目は、ダイナミックマイクです。

ダイナミックマイク
ぱくたそ(www.pakutaso.com)

 

上の画像のようなマイクです。

カラオケでいつも、皆さんが使っているものです。

 

そして、2つ目がコンデンサーマイクです。

コンデンサーマイク
ぱくたそ(www.pakutaso.com)

 

プロの歌手がレコーディングなどで、使用するマイクです。

また、お笑い芸人さんが使うマイクなんかもそうです。

 

 

2つのマイクの特徴

結論から言ってしまえば、ダイナミックマイクはライブ向きのマイクで、録音にはコンデンサーマイクが適しています。

 

テレビもしくは実際にライブに行ってみたときには、ほとんどの歌手はコンデンサーマイクではなく、ダイナミックマイクを使用しているかと思います。

 

なぜかというと、単純に壊れにくいからです。

 

コンデンサーマイクは、最悪湿気などで壊れてしまう可能性があり、保存の仕方も気を付ける必要があります。

 

それに比べ、ダイナミックマイクはほとんど手入れする必要がありません。(私も何本かもっていますが、手入れしたことがありません。)

 

また、ダイナミックマイクの場合、ある程度声量がないと録音には不向きかもしれません。

 

これは、私の経験ですが、マイクに口を近づけて歌わないと、声量がない人だとほとんど声が入りません。

しかし、裏を返せば、声量がある人がこのマイクを使うと、とてもパワフルに音をとることができます。

 

 

音質の比較

音質面での比較ですが、ぶっちゃけコンデンサーマイクのほうが綺麗に取れます。

 

これは、ダイナミックマイクの性能が悪いというわけではなく、コンデンサーマイクは自分の声の、高い音から低い音まで全部拾ってくるからです。

 

高い音から低い音まで??とは、どういうことでしょうか??

 

これは、倍音というものが関係しています。

 

例えば、Aさんと、Bさんという2人の人がいたとして、同じ「ド」の音を出したとします。

 

音程は同じ「ド」ですが、人はそれぞれ独自のを持っています。

そのは、基本の音は、「ド」の音を出していますが、実は違う音も出しているのです。その違う音のことを、倍音といいます。

 

わかりやすい例を挙げると、テレビや動画などで、歌手のライブ映像を見ているとします。

その時に、自分でも歌えそうだなぁ、と思って歌ってみると、意外と高くて声が出なかった!、なんてことはありませんか?

 

これは倍音が影響しています。

基となる音に、低い音の倍音がプラスされることで、キーが高い曲でも、低く聞こえてしまうことがあるのです。

 

コンデンサーマイクは、この倍音部分を録音するのがものすごく得意です。

したがって録音用のマイクは、コンデンサーマイクを選ぶほうがいいでしょう。

 

 

しかし、最初にも述べたとおり、コンデンサーマイクは繊細なので、湿気などで故障する可能性があります。

 

保存する際は、乾燥材などをジップロックや、保存用の箱などに入れておけば、基本的には大丈夫です。

 

 

いかがでしたでしょうか、私も歌ってみたは聞くのも、自分で歌うのも大好きなジャンルなので、今後も歌ってみた人口が増えればと思い書かせていただきました。

 

それではまた~

最新情報をチェックしよう!