UNISON SQUARE GARDENのおすすめ曲【これだけは聴いておけ】

まず、UNISON SQUARE GARDENとは、3人組のロックバンドです。

メンバーを紹介します。(以下敬称略)

  • 斎藤宏介(さいとう こうすけ):ボーカル&ギター
  • 田淵智也(たぶせ ともや)  :ベース
  • 鈴木貴雄(すずき たかお)  :ドラム

 

メンバー紹介は終わりです。

それでは、曲紹介の方に行ってみましょう。

 

 

 

1.オリオンをなぞる

 

 

テレビアニメ「TIGER & BUNNY」の前期オープニングテーマとして、リリースされた曲です。

UNISON SQUARE GARDEN(以下ユニゾン)の知名度を一気に上げた曲だと、個人的に思います。

 

3人組ロックバンドとは思えない、演奏の厚さとボーカルの独特な声質が相まって、唯一無二のサウンドに仕上がっています。

 

他の楽曲にも言えることですが、ジェットコースターのように、急下降、急上昇する音の振れ幅が魅力的です。

それを正確にこなす演奏も素晴らしいですし、ボーカルにいたっては、どこで息継ぎをしているのか分からないくらいです。

 

複雑なリズムなので、素人が歌うと息継ぎが間に合わず、歌えないことが多いです。

ですがそれを可能にするのが、斎藤宏介の圧倒的リズム感と、一瞬の隙を逃さないような息継ぎで、素人に真似できるものではありません。

 

複雑なリズムといっても、聴いているほうはストレスなくノレル曲です。

曲も演奏も歌もすごすぎてよくわからないけど、「なんか、すげぇ」というのが、ユニゾンの曲を聴くと多々あるので、毎回新曲を聴くのが楽しみです。

 

 

 

2.リニアブルーを聴きながら

 

 

こちらは、映画「劇場版 TIGER & BUNNY -The Beginning-」の主題歌としてリリースされました。

なんとなく、「オリオンをなぞる」と似ている楽曲です。

 

おそらく同じアニメ作品なので、多少似せて作ったのではないかと思います。

「オリオンをなぞる」が気に入った方は、こちらもぜひ聞いてみてください。

 

 

 

3.シュガーソングとビターステップ

 

 

こちらは、テレビアニメ「血界戦線」のエンディングテーマとしてリリースされた曲です。

先ほど紹介した2つとは、かなりサウンドが異なります。

 

「オリオンをなぞる」と「リニアブルーを聴きながら」は、ロック色の強いサウンドでしたが、この楽曲は、ロックというよりポップス寄りです。

また、最初から最後まで非常におしゃれな曲です。

 

目を閉じてて聴いていると、この曲の世界観に自分がいるような、そんな気持ちにさせてくれる曲です。

落ち込んだ時や、モチベーションが上がらない時に聴くと、一気にやる気を引き出してくれる曲です。

 

個人的な話になるんですが、この曲の好きなところがあります。

おまけの補足情報なので、興味のない方は飛ばしてください。

 

この曲は、アニメ「血界戦線」のエンディングテーマに使用されています。

アニメのエンディングの時に、この曲に合わせて、登場キャラクターがみんなで踊るんです。

その映像を見たときに、「この曲にぴったりだなぁ」と思ってしまいました。

 

さすがにアニメ映像は用意できないので、興味のある方は、「血界戦線」を視聴してみてください。

アニメ本編も面白いです。

 

 

 

4.桜のあと(all quartets lead to the?)

 

 

最後はこの曲です。

この曲は、テレビアニメ「夜桜四重奏 〜ハナノウタ〜」のオープニングテーマとしてリリースされました。

 

一言でいうと、大人数で一緒に歌いたい曲です。

カラオケに行ったときに歌うと、盛り上がれる曲だと思います。

 

ユニゾンの曲にしては、そこまで複雑なリズムはないです。

曲も明るいので、休日どこか遊びに行く前に聴きたい曲ですね。

この曲を聴きながら、外出するのもいいかもしれません。

 

 

 

まとめ

いかがでしたか。

 

他にも紹介したい曲はありますが、今回は、これだけは絶対に聴いてほしいユニゾンの曲を、紹介させていただきました。

また次回もやりたいと思います。

それではまた~

 

最新情報をチェックしよう!